映画感想 SF作品 映画感想 アクション作品 映画感想 ディズニー作品

【ネタバレ感想】「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」面白いけど残尿感のあるスピンオフ作品!

2018/07/16

                          

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&8万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

 

 

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

「スターウォーズ」のスピンオフでありながら、あまり話題になっておらず、しかも試写会の評判もそこまで良くなかったので不安でしたが、いざ鑑賞してみると中々のでき!

何より、スターウォーズファンしか楽しめない身内ネタはそこそこに、スターウォーズを全く知らない人でも楽しめる脚本で、かなり好感がもてました。

また、斬新なカメラワークやスターウォーズを感じさせるダイナミックな映像も申し分なし!

ハン・ソロファンにはたまらないサプライズが、きちんと用意されていたのもgood!でしたね!

ただ、全体的に突出したものがあるかと言われれば、微妙でした。

この記事では、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラストの展開
  • ネタバレ感想

を紹介していきます。

 

 

【ネタバレ!】「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の作品概要

あらすじ

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に続く「スター・ウォーズ」シリーズの知られざる物語を明らかにするアナザーストーリー第2弾で、ハリソン・フォードが演じたシリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描くSFアドベンチャー。

シリーズ第1作「スター・ウォーズ 新たなる希望」でルークやレイアと出会う前のハン・ソロが、アウトローながら内に秘めた正義感で数々の試練に立ち向かっていく姿を描く。

若き日のハン・ソロに扮したのは、「ヘイル、シーザー!」で注目された新星オールデン・エアエンライク。同じく若き日の悪友ランド・カルリジアンをドナルド・グローバーが演じ、エミリア・クラーク、ウッディ・ハレルソンらが共演。ハン・ソロの無二の相棒となるチューバッカも登場する。「ダ・ヴィンチ・コード」などで知られるベテランのロン・ハワード監督がメガホンをとった。

引用:映画.com

 

「スター・ウォーズを一度も見たことがない!」

「スター・ウォーズをサクッとおさらいしたい!!」

という方は以下の記事を参考にして見てください。

 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 アメリカ合衆国
  • 公開年 2018年
  • 上映時間 135分
  • 配給ディズニー
  • 監督ロン・ハワード/クリストファー・ミラー
  • 脚本ジョン・カスダン/ローレンス・カスダン
  • キャストオールデン・エアエンラ/ウッディ・ハレルソン/エミリア・クラーク/ドナルド・グローバー

監督は「天使と悪魔」で知られるロン・ハワードと「21ジャンプストリート」で知られるクリストファー・ミラー。

主人公のハン・ソロを務めるのは「ヘイル、シーザー!」のオールデン・エアエラン。

また、「猿の惑星 聖戦記」のウッディ・ハレルソンや「ターミネーター:新起動/ジェネシス」のエミリア・クラークといった名優達が参加しています。

 

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点 

 
 

【ネタバレ】「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の主要登場人物

 

ハン・ソロ/オールデン・エアエラン

映画 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー ポスター 42x30cm Solo: A Star Wars Story ディズニー スターウォーズ ハンソロ オールデン エアエンライク ウッディ ハレルソン エミリア クラーク ドナルド グローバー [並行輸入品]

惑星コレリアで生まれ育つ。

帝国軍が治める厳しい時代の中、子供の頃からワルで自力で生きてきた。今の人生から成り上がりたいと願っている。

引用:公式サイト

 

キーラ/エミリア・クラーク

映画 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー ポスター 42x30cm Solo: A Star Wars Story ディズニー スターウォーズ ハンソロ オールデン エアエンライク ウッディ ハレルソン エミリア クラーク ドナルド グローバー [並行輸入品]

惑星コレリアでハン・ソロと共に育った幼なじみ。

知的かつ野心的。謎めいた美しい女性。

引用:公式サイト

 

チューバッカ/ヨーナス・スオタモ

映画 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー ポスター 42x30cm Solo: A Star Wars Story ディズニー スターウォーズ ハンソロ オールデン エアエンライク ウッディ ハレルソン エミリア クラーク ドナルド グローバー [並行輸入品]

惑星キャッシーク出身のウーキー族。

ハン・ソロと出会うが、互いを信用してよいものかどうかわからず、探り合い、時にぶつかり合うが、やがて、長く続く友情を育むことに。

年齢は190歳。怪力を持ち、機械にも強い。

引用:公式サイト

 

ランド・カルリジオ/ドナルド・グローヴァー

映画 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー ポスター 42x30cm Solo: A Star Wars Story ディズニー スターウォーズ ハンソロ オールデン エアエンライク ウッディ ハレルソン エミリア クラーク ドナルド グローバー [並行輸入品]

腕利きの運び屋としてハン・ソロの前に現れる。スタイリッシュでチャーミングな反面、仲間からも盗みをはたらく悪名高きギャンブラー。

ハン・ソロと仲間になるが、互いを完全には信用していない。

引用:公式サイト

 

トバイアス・ベケット/ウッディ・ハレルソン

幾多の困難を切り抜けて生き残ってきた男。ハン・ソロを、ギャングたちがうごめく危険な世界へ、人生をかける価値のある冒険へと導く。

ハン・ソロに多くのことを教える、いわばハン・ソロの師。

引用:公式サイト

 

 

【ネタバレ】「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」のラストの展開

身寄りがなく、無法者のハンは惑星コレリアで、恋人のキーラと盗人の生活を送っていたが、ある日闇社会を牛耳る組織に目をつけられ、キーラと生き別れになってしまう。

3年後、行き場のなくなったハンは、ハン・ソロと名乗り、惑星コレリアで再びキーラと再会するために帝国軍の歩兵として活動していた。

ある日、ソロはとある戦場で危険な仕事を請け負ってお金を稼ぐトバイアス・ベケットの一味とウーキー族のチューバッカと出会って、行動を共にするようになる。

ベケット一味とソロ&チューバッカは強大なパワーを秘めた燃料コアクシアムを盗むミッションに参加するが、別のギャング組織クラウド・ライダーズの邪魔にあい、ベケット一味の大半が死亡してしまう。

残されたベケットとソロ、チューバッカはベケットの依頼主であるドライデン・ヴォスに報告しに基地に向かうが、そこには行き別れたキーラの姿があった。

再開を喜ぶソロであったが、キーラは現在ドライデンの部下であることが判明し、またドライデンはミッションを失敗したことを問い詰め、新たに100kgのコアクシアムを調達ことを命ずる。

ベケット、ソロ、チューバッカ、そしてお目付役として同行することになったキーラは、光速の船を調達するためにミレニアム・ファルコン号の持ち主ランド・カルリジアンと航海士のドロイドL3を仲間に加える。

こうしてミレニアム・ファルコン号と仲間を手にしたソロ一行は、コアクシアムを入手するために、惑星ケセルに向かい、地下に眠るコアクシアムの素を入手するため、出撃を開始する。

L3を失いながらも、なんとかコアクシアムを手にしたソロ一行は、帝国軍の襲撃も避け、コアクシアムを精製するために精製所に向かうが、そこにはエンフィス・ネスト率いる、クラウド・ライダーズの姿が。

実はソロたちがミレニアム・ファルコン号を手にした時に、こっそり発信機をつけ、後を追っていたのだ。

薄情なことにランドはミレニアム・ファルコン号に乗って逃げ出したため、逃げ場がなくなり、追い詰められるソロ一行。

しかし、エンフィスは仮面を外し、自分が女であること、そして帝国軍の反乱分子として戦っていることを告白し、ソロたちに仲間にならないかと持ちかける。

ソロは賛成するが、ベケットは今後の厄介ごとを避けるため、その場から去るのであった。

ドライデン・ヴォスを欺くため、ソロ、キーラ、チューバッカはドライデンの基地に向かうが、そこにはソロたちの計画を密告したベケットの姿が。

しかし、ベケットはドライデンさえもその場で欺き、大量のコアクシアムとチューバッカをさらって逃走。

ソロとキーラはドライデンと対峙することになるが、ソロとキーラは共闘してドライデンを倒す。

また、ソロは後始末をキーラに任せ、ベケットの後を追い、彼を銃で撃ち殺してコアクシアムとチューバッカを取り戻すのであった。

一方その頃、後始末をするはずのキーラはホログラムでどこかに連絡を送る。

その連絡の相手とは、シスの1人であるダースモールであり、実はキーラとダースモールは裏で繋がっていたのだ。

そうとも知らず、ソロとチューバッカはランドの元に向かい、彼からミレニアム・ファルコンを奪うことに成功。

こうして、ソロとチューバッカの2人はミレニアム・ファルコン号に乗り込み、バディとして旅を続けていくのであった。

 

 

【ネタバレ】「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」の感想

 

全体の感想

映画 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー ポスター 42x30cm Solo: A Star Wars Story ディズニー スターウォーズ ハンソロ オールデン エアエンライク ウッディ ハレルソン エミリア クラーク ドナルド グローバー [並行輸入品]

試写会の評判がイマイチだったので、ビクビクしながら映画館に足を運んだのですが、蓋を開けてみたら普通に面白かったです。

今年度一の傑作とまでは行かなくても、2018年の上半期に公開された作品の中だったらかなり上位に来るかと。

物語は、「スター・ウォーズシリーズ」の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の活躍を描いてたスピンオフ作品となっています。

正直、これまで「スター・ウォーズシリーズ」を見たことがなくても楽しめて、シリーズものにありがちか「身内ネタ感も」さほどなく、非常に親切な脚本でした。

なにより、序盤でハン・ソロがバイクを盗み、そこから滑走してそのまま映画のロゴタイトルに入る流れは秀逸で、あの時点で心を奪われた男性は少なくないばす。

アクションも申し分なしで、演者のキレッキレの動きと変則的なカメラワークのお陰で、完璧なアトラクション映画となっており、ついつい身体を揺らしながら、満面の笑みを浮かべて楽しんでいる、24歳の自分がいました…!

ただ、あとで詳しく説明しますが、王道路線で作りすぎたせいか悪くいうと地味だし、「スター・ウォーズ」のスピンオフと言われなかったら、満足できなかったかもしれません。

やはり、スター・ウォーズブランドはすごいですね。

 

大人になってやっとハン・ソロの良さがわかったような気がする

映画 ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー ポスター 42x30cm Solo: A Star Wars Story ディズニー スターウォーズ ハンソロ オールデン エアエンライク ウッディ ハレルソン エミリア クラーク ドナルド グローバー [並行輸入品]

「アウトロー」や「一匹オオカミ」など、思わず男が飛びついてしまうような代名詞を持つハン・ソロ。

正直、幼い頃はダース・ベイダーやルーク・スカイウォーカーに目が行きがちでしたが、この歳になって彼の男としての魅力に気づかされました。

元々身寄りがなく、恋人と生き別れになったことで、ハン・”ソロ”と名付けられながらも、「愛する女性のために手段を選ばない」姿が、今の自分の境遇と少し重なって、思わず彼に感情移入してしまいましたね…。

思えば、ハッタリをかまして修羅場をくぐり抜ける様や突拍子も無い作戦で土壇場をくぐり抜ける様は、古今東西のアウトローキャラに使われている設定で、彼がすべてのアウトローキャラのモデルなのかもしれません。

「大人になればジェダイじゃなく、ハン・ソロの魅力が分かる!」といっていた、父親の言葉の意味が約20年越しにやっと分かったような気がします。

それに加え、シリーズファンには嬉しいサービスシーンをさりげなく入れてくる演出も素敵で、

  • ハン・ソロの名前の由来
  • ブラスターピストルとホルスター
  • ダイスネックレス
  • 実は帝国軍出身
  • チューバッカとの出会い
  • ランド・カルリジアン
  • ミレニアム・ファルコン号との出会い
  • バトルチェス

といったように、キリがないほどシリーズファンへ向けてのサービスがてんこ盛り。

ただ、嫌らしくなくそれらを出してくるのが好印象で、「これを出しとけば喜ぶだろ?」といったどっかの映画のような作り手の傲慢さが一切なく、すごく良かったです。

 

敵キャラ・エンフィス・ネストが魅力的すぎたのだが…

引用:youtube

今作の敵キャラとして登場したドライデン・ヴォスのフォルムと戦闘シーンがどストライクだったのは僕だけじゃないですよね??

めっちゃ俊敏だし、正直ライトセーバーよりも魅力的な武器をめっちゃ振り回すわで、もう鳥肌がゾクゾクもんでした。

「エピソード2、3」のグリーバス将軍じゃないけど、こういったオリジナル性の強いクセのある敵キャラが出てくるのが、「スターウォーズシリーズ」の良さでもあるんですよね~。

続編の登場にも期待!!

 

スピンオフ一作目「ローグワン」との比較

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (字幕版)

さて、本作は「スター・ウォーズシリーズ・スピンオフ」の2作目ということで、一作目の「ローグ・ワン」と比較してみたのですが、まあ圧倒的に「ローグ・ワン」の方が面白かったです。

「ローグ・ワン」のクオリティが圧倒的に良かったというのもありますが、本作はなんか地味で、これといった特徴がないんですよね。

「スターウォーズ」っていうと、ワールドカップじゃないけど、それこそ全世界が熱狂するお祭り感があるものじゃないですか?

少なくとも僕が小さい頃に公開していた、「エピソード1、2、3」にはそれがあったのですが、最近やたらとスター・ウォーズ関連作品が公開され続けているので、正直スペシャル感がなくなったのは否めないかと。

まあ、あとはロン・ハワード監督が奇をてらわなかったのもあると思いますが、本作からは「スター・ウォーズ感」みたいなものはさほど感じ取れませんでしたね。

やっぱ、あのスタンディングオベーションが沸き起こるオープニングを入れるべきだし、もっとライトセーバーをださんとあかんよ。

ただ、個人的に駄作だった「最後のジェダイ」よりかは何倍も面白かったです。

 

ダースモールのサプライズ登場とジャバザハットの暗示

スター・ウォーズ・エピソード 1 : ダースモール [ポスター]

スピンオフ一作目では、ダースベイダーのサプライズ登場がありましたが、本作では「エピソード1」でオビ・ワン=ケノービーに殺されたはずのダースモールが登場。

わざとらしく、ライトセーバーを振りかざして登場し、しかも本作のヒロイン・キーラという謎展開を残して本作は終了しました。

まあ、行きていた理由とかキーラとの関係性は後々、他の作品で伏線回収されると思うのですが、それは次のスピンオフ3作目なのでしょうか??

なんか、サプライズが中途半端すぎて、悪い意味で劇場にどよめきが走ってました。

それと、劇中何度もセリフに出てきた「タトゥイーンの大物ギャング」とは、ジャバ・ザ・ハットのこと。

11 x 14ポスター印刷Framed Star Wars Return of the Jedi

ハン・ソロとは切っても切れない関係の彼も、続編で登場するのでしょうか?

何はともあれ、ぼくはオビ・ワン=ケノービーを題材にしたスピンオフ3作目を死ぬほど楽しみにしているので、かなり期待値を上げておきます。

 

Hulu!40,000本の動画と「スター・ ウォーズシリーズエピソード1~6」が無料見放題!

Huluの14日間無料トライアルを活用すれば、「スター・ウォーズエピソード1~6」が全て無料で視聴可能になります。

Huluには課金制度が一切ないため、40,000本以上の映画、ドラマ、アニメが無料で見放題!

スマホやタブレットでの視聴はもちろん、PS3,4などのゲーム機をテレビに繋げば、大画面で楽しむことが可能。

また、レンタルビデオ屋のように在庫切れや延滞料金が一切ないので、ぼくも愛用しています。

登録は2分ほどで済みます。

また無料トライアル中(2週間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

「登録の仕方が分からない!」

「Huluについてもっと知りたい!」

という方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

おすすめ記事!】

-映画感想 SF作品, 映画感想 アクション作品, 映画感想 ディズニー作品