マイペースナイト

映画(洋画)ネタ中心のエンタメブログ!!

Hulu 動画配信サービス 比較

【映画好き必見】見放題動画配信サービスおすすめ7選を徹底比較・解説

2017/12/14

                          

 

みなさんこんにちは。下町バットマンです。

「数も情報も多すぎて、どこのサービスが良いのかわからない!」

「最新作から旧作まで、映画がたくさん配信されているサービスはどこ!?」

「1番安いサービスはどこ?」

「幅広くてコンテンツ量が豊富なサービスはどこ?」

 

動画配信サービスは数も情報も多すぎるため、どこのサービスが一番いいのか分かりづらいですよね。

ぼくも動画配信サービスビギナーだった頃は、「情報多すぎ!検索しても胡散臭いサイトしかないし……。」と頭を抱えていました。

はじめに言っておくと、どこのサービスが1番良いかは、個人の趣味趣向によってガラリと変わってきます。

なぜなら、

  • 新作映画を楽しみたいならU-NEXT
  • 映画、ドラマ、アニメと様々なコンテンツを楽しみたいならHulu

といったように、その人が求めるものによっておすすめするサービスが変わってくるからです。

No.1というより、オンリー1といった感じですね。

ぼく自身現在は3つの動画配信サービスに登録しているのですが、本当に便利です。

  1. 在庫切れや返品、延滞料金がない
  2. 何万本という映画、ドラマ、アニメが見放題
  3. 約1ヶ月間の無料お試し期間がある
  4. スマホやタブレットにダウンロードすれば、速度制限を気にせずカフェや電車で映画を楽しめる(一部のサービス)
  5. 登録に3分かからない
  6. 飽きたら即解約できる
  7. 入会しても月額平均1,000円程度

といったメリットがあり、ぼくのような内向的で引きこもりのタイプにはうってつけのサービスです。

ここでは、

  • 動画配信サービスの詳細
  • 各サービスの詳細
  • 各サービスのメリット・デメリット

を紹介していきます。

 

「とりあえず無料お試し期間に登録しよう!」といった安易な気持ちで記事を書いてないので、是非参考にしてみて下さい。

 

各サービスの詳細をいち早く知りたい方は飛ばしてお読み下さい。

 

こちらをクリック

 

 

目次

動画配信サービスとは?

イメージ画像

動画配信サービスとは、インターネットやモバイル回線通信を通じて、ネット上で映画やドラマを視聴できるサービスのことです。

各サービスを展開している企業が、映画やドラマの配信権を購入しているため、著作権的な問題は一切ありません。

また、VOD(ビデオ・オン・デマンド)という言葉もありますが、こちらは配信システムの名前のことで、意味合いは動画配信サービスと変わりません。

ようするに、どちらもネット環境さえあれば、すぐにその場で動画を楽しめるという意味になります。

動画配信サービスのメリットやデメリットは、各サービスによって異なってくるので、後で紹介する各サービスの詳細を確認してください。

 

【動画配信サービスの特徴!】月額料金、動画本数、無料お試し期間!

月額料金

まず、初めに気になるのが月額料金。

基本的にどのサービスも月額料金を払うだけで、何万本の動画(映画、ドラマ、アニメ等)を見放題で楽しむことができます。

しかしサービスによっては、月額料金の他にPPV(ペイ・パー・ビュー)といって課金や追加料金を払うサービスもあります。

サービスにもよりますが、新作映画は基本的に有料になります。

細かい料金プランは、下にまとめてあるので参考にしてみて下さい。

 

動画本数

注意しておきたいのは、動画の本数が多いからといって、そのサービスが優れているわけではありません。

数が多いだけで作品の質が低いサービスもありますし、半分以上が有料作品というサービスもあります。

しかし、基本的にはどのサービスも何万本単位の動画を定額見放題で視聴することができます。

 

無料お試し期間

知っている方も多いと思いますが、それぞれの動画配信サービスには無料お試し期間が存在します。

初めて動画配信サービスを利用する方は、

  • 使い勝手
  • 映画やドラマなどの配信コンテンツの質
  • 画質

といったように、分からないことがたくさんあるかと思います。

そのため、まずは無料お試し期間を活用してみることをおすすめします。

 

各サービスの料金、動画本数、無料お試し期間の一覧表

上記で説明した、各動画配信サービスの情報を表にまとめてみました。

サービス名 基本月額料金(税込) 無料お試し期間 動画本数
Hulu 1,007円 14日間 40,000本以上
U-NEXT 2,149円 31日間 120,000本以上
dTV 540円 31日間 120,000本以上
Netflix 702/1,026/1,566円(コースによって変動) 1ヶ月間 非公開
Amazonプライムビデオ 325円(年会費3,900) 30日間 32,000本以上
TSUTAYA-TV 2,014円 30日間 50,000本以上
GYAO! 無料(プレミアム会員864円) なし 50,000本以上

(横にスクロールすると表全体が見れます!)

 

 

映画メインでサービスを活用するなら、画質の詳細を知っておこう!

ぶっちゃけ、画質が粗いと鑑賞していて萎えてきませんか?

特に映画好きの方は、わざわざ4kテレビやホームシアター等を買って自宅で本格的に映画を楽しんでいるかたも少なくないかと思います。

というわけで、ここでは簡単に画質の詳細を説明していきますね。

 

画質の良し悪しの基準はこのようになっています。(※サービスによっては、多少画質が変わってきます。)

  1. 4K(UHD):2160p/画素数4096×2160or3840×2160 →上級者向け。映画館並に画質がキレイ
  2. フルHD:1080p/画素数1920×1080 →とにかくキレイ。俳優の毛穴が見えるレベル
  3. HD画質:720/画素数1280×720 →観ていてまったく支障がない。普通にキレイ
  4. SD画質:480/画素数720×480 →うーん。ぶっちゃけ微妙

基本的に、どこの動画配信サービスもHD画質かそれ以上に対応しています。

しかし、通信速度によっていきなり画質が切り替わることもあるので、ネット環境がある程度整った場所で鑑賞することをおすすめします。(一般家庭のネット環境レベルで十分です。)

画質にそこまでこだわらず、家でまったり映画を観たい方はHD画質かフルHDで十分。

逆に家でもガッツリ映画を観たい方は、4K(UHD)で鑑賞しましょう。

ただ4Kテレビは最近出てきたものなので、4Kテレビに対応しているサービスはあるものの、4K(UHD)に対応している作品が少ないのが現状です。

こればかりは、待つしかありませんね。

 

まずはどこのサービスが自分に合っているのか確認しよう!

最新映画を観たいならU-NEXT
たくさんの洋画を観たいならU-NEXTもしくはNetflix
たくさんの邦画を観たいならU-NEXT
作品の質にこだわるなら
HuluもしくはNetflix
ディズニー作品を楽しみたいならU-NEXT
とにかくたくさんの映画を観たいなら TSUTAYAディスカス
ドラマメイン(海外、日本)で楽しみたいならHuluもしくはdTV
韓流ドラマを楽しみたいならdTV
アダルト作品を楽しみたいならU-NEXT
値段で選ぶならAmazonプライム・ビデオ
画質で選ぶならHuluもしくはNetflix
オリジナルコンテンツを楽しみたいならNetflix、Amazon・プライムビデオ
テレビ(4K対応)の大画面で楽しみたいならNetflix、dTV、Amazonプライムビデオ

ざっくりとしていて申し訳ないですが、このように各サービスによって特徴は変わってきます。

表の情報は実際に自分が利用してみた主観+ネットの情報をまとめたもので、どこのサイトに飛んでも似たような説明になっているはず。

表の情報を踏まえた上で、次から紹介する各サービスの詳細を確認してみて下さい。

 

登録前の注意点 

①登録は、1,アカウント作成、2,支払い方法の選択、3,メールでの承認だけ。約3分程度で終わります。

 

②登録のために決済入力(クレジットカードなど)が必要ですが、無料お試し期間中に退会すればお金は一切かかりません。また、飽きたらすぐに解約できます。

 

作品の質がよくバランスが良いHulu【個人的におすすめ!】

Huluの詳細

本社所在地  アメリカ
月額料金  1,007円
動画本数  40,000本以上
無料期間  2週間
画質

 SD、HD対応

対応端末  iOS端末、Android端末、パソコン(ブラウザ経由)、PlayStation(3、4、Vita)、Wii U、ニンテンドー3DS/3DS LL、Apple TV、Chromecast、Amazon Fire TVなど
ダウンロード機能  無し
会員数  145.2万人
公式サイト Huluの公式サイト

 

メリット

  • 一か月1,007円で4万本以上の動画が見放題(有料動画や追加料金が一切ありません)
  • 新作映画の公開に合わせて、その関連・過去作品が一挙に配信される
  • 吹き替え対応作品も増えてきた
  • 対応端末がとにかく多いので、家、学校、カフェ、旅行先など、いつでもどこでも動画を楽しむことができる
  • 専用アプリの操作が簡単で使いやすい
  • 映画、海外・国内ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、戦隊ものなど何でも揃ってる。

 

 

デメリット

  • 新作映画のタイトルが少ない
  • ダウンロード機能がないので、Wi-Fiが通ってない場所だと速度制限を気にしなくてはいけない
  • 無料お試し期間が2週間(大手他社と比べて一番短い)

 

Huluはこんな人におすすめ!!

映画、海外ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリーなど、いろんなジャンルの動画をバランス良く楽しみたい方におすすめ

 

 

 

新作映画が豊富なU-NEXT

U-NEXTの詳細

本社所在地  日本
月額料金  2,149円(1,000ポイント付属)
動画本数  120,000本以上
無料期間  31日間
画質  SD、HD、フルHD
対応端末  iOS端末、Android端末、パソコン(ブラウザ経由)、PlayStation(Vitaのみ)、Chromecast、Amazon Fire TVなど
ダウンロード機能 有り
会員数  100万人
公式サイト U-NEXTの公式サイト

 

メリット

  • 新作映画をいち早く配信!
  • ディズニー作品が豊富。映画からアニメまで!
  • 動画本数が驚異の12万本!
  • 毎月約1,200円分のポイント(PPVポイント)をもらうことができる(有料作品に使用可能)
  • PPVポイントは、全国の映画館でも使える(イオン、松竹系シネマでチケット割引に使える)
  • ダウンロード機能があるので、速度制限を気にせずどこでも動画をたのしむことができる
  • 今だけ雑誌100冊が見放題!
  • 4,000本以上のアダルト動画が高画質で無料見放題!
  • 韓流ドラマ、電子書籍、コミックも見放題、読み放題!

デメリット

  • 月額基本料金が高い
  • 動画本数は多いが、有料作品が多い。最新作や人気作は基本的に有料
  • 毎月もらえる1,000分のポイントは45日後に消滅してしまう
  • ネット環境によっては、視聴中に動画が止まってしまうことも
  • 動画数は12万本あるが、見放題作品はまだまだ少ない

 

U-NEXTはこんな人におすすめ!!

洋画・邦画問わず新作映画をいち早く楽しみたい方におすすめ

 

 

 

洋画とオリジナル作品が豊富なNETFLIX

Netflix 

NETFLIXの詳細

本社所在地  アメリカ
月額料金  702円、1,026円、1,566円(プランによって料金が変動)
動画本数  非公開(約3000本)
無料期間  31日間
画質  SD、フルHD、4K(プランによって変動)
対応端末  iOS端末、Android端末、パソコン(ブラウザ経由)、Xbox(360、ONE)、PlayStation(3、4)、Wii U、Apple TV、Chromecastなど
ダウンロード機能  無し
会員数  50万

NETFLIXには3つのプランが存在し、自分に合ったプランで動画を楽しむことができます。

  • ベーシックプラン:月額702円 SD動画
  • スタンダードプラン: 月額1026円 HD画質→1人で利用する方におすすめ
  • プレミアプラン:月額1566円 4K画質

基本的にプランによって変わるのは画質と同時視聴端末の台数だけです。

一人でしか利用しない方は、スタンダードプランが一番おすすめ!

 

メリット

  • オリジナルコンテンツがとにかく豊富!(毎週のように新作が配信)
  • 洋画、海外ドラマの種類も豊富!(吹き替え対応作品もたくさんある)
  • マーベルオリジナルドラマの種類が豊富!
  • 月額料金ですべての作品が見放題
  • Youtubeと同じで、ユーザーの視聴作品に合わせておすすめ作品を提示してくれる
  • ダウンロード機能があるので、速度制限を気にせずどこでも動画をたのしむことができる
  • 4Kの画質がとにかくすばらしい
  • 海外からでも視聴可能

デメリット

  • 他社とくらべると動画の本数が少ない。
  • 日本の映画やドラマの本数もすくない
  • 4K対応している作品は、まだまだ少ない
  • ネット環境によっては、字幕に多少の誤差が生じることも

 

NETFLIXはこんな人におすすめ!!

洋画とオリジナルコンテンツを楽しみたい方におすすめ

 

 

学生におすすめのamazonプライム・ビデオ

amazonプライム・ビデオの詳細

本社所在地  アメリカ
月額料金  年会費3,900円(学生は半額)
動画本数  32,000本以上
無料期間  30日間
画質  SD、HD
対応端末  iOS端末、Android端末、パソコン(ブラウザ経由)、PlayStation(3、4のみ)、Wii U、Apple TV、Chromecast、Amazon Fire TVなど
ダウンロード機能  有り
公式サイト amazonプライム・ビデオの公式サイト

メリット

  • 年会費3,900円は一括払いだが、学生だと年会費半額(1,900円)。しかもプライム会員特典がすべて利用できる。
  • プライム・ビデオで映画、TV番組、ドラマが見放題
  • amazonプライム・ビデオの独占配信動画を楽しめる
  • ひと昔前の名作映画を楽しむことができる(邦画、洋画どちらも種類が豊富)
  • ダウンロード機能があるので、速度制限を気にせず、どこでも動画をたのしむことができる
  • 音楽も聞き放題(洋楽の方が多め)

 

デメリット

  • 新作映画が少ない(最新作はほぼ有料)
  • 他社と比べると見放題動画がすくない
  • 洋画の吹き替え作品がすくない。ほとんどが字幕版
  • 4K対応の作品もあるが、ほとんどがSD画質。多少画質が粗くなることも
  • ダウンロードできる作品は、一部の作品と端末だけ(基本モバイル端末にしかダウンロードできない)

amazonプライム・ビデオはこんな人におすすめ!!

まずは学生!そして名作映画を楽しみたい方におすすめ!!

今なら全員にプライム会員特典(お急ぎ便、お届け日指定、Kindle本一冊無料)がついてきます。

 

 

コスパ最強のdTV

dTVの詳細

本社所在地  日本
月額料金  540円
動画本数  120,000本以上
無料期間  31日間
画質  SD、HD、フルHD、4K
対応端末  iOS端末、Android端末、パソコン(ブラウザ経由)、Chromecast、Amazon Fire TVなど
ダウンロード機能  有り

会員数

 500万人

公式サイト

「dTV」の公式サイト!

 

メリット

  • 月額料金540円!他社とくらべても圧倒的に安い
  • 韓流ドラマがとにかく強い!
  • 映画やアニメに連動したオリジナルドラマのタイトルも豊富
  • 動画本数は驚異の12万本以上
  • dTV独占コンテンツのBeeTV(バラエティやドラマ)、Beeマンガも会員限定で利用可能
  • ダウンロード機能があるので、速度制限を気にせず、どこでも動画をたのしむことができる

デメリット

  • 映画の本数は多いが、名作や人気作品が少ない
  • 最新作や人気作品は基本的に有料レンタル
  • SD画質対応の作品ばかりなので、画質が粗くなることも
  • 視聴対応端末の種類がすくない(基本的にスマホかタブレット)

 

dTVはこんな人におすすめ!!

コスパ重視の方と韓流作品を楽しみたい方におすすめ

 

作品数がトップのTSUTAYAディスカス(TV)

TSUTAYAディスカス(TV)の詳細

本社所在地  日本
月額料金  2,014円(TV1,008円)
動画本数  34万本
無料期間  30日間
画質  ディスクによる(TV SD、HD)
対応端末  DVDレンタルなのでTVのみ(TV iOS端末、Android端末、パソコンなど)
ダウンロード機能  DVDレンタルなので無し(TV 一部の機種のみダウンロード可能)
会員数  100万人以上
公式サイト TSUTAYAディスカスの公式サイト

ごっちゃになりやすいですが、TSUTAYAディスカスとTVは別物

  • ディスカス→宅配レンタル
  • TV→動画配信サービス

となります。

正直、TSUTAYATVはおすすめできません。

というのも、TVは月額料金を払えば動画が見放題となりますが、いろんな所で言われているように作品の数や質など、内容があまりにも酷すぎるから。

宅配レンタルのディスカスの方が優れているので、ここではディスカスについて紹介していきます。

ディスカスの「定額レンタル8 動画見放題プラン」を選ぶと、宅配レンタル&動画見放題(月額料金2,417円)のサービスがついてきます。TSUTAYAが大好きな方は、こちらのプランをおすすめします。

 

 

メリット

  • ネットで注文するだけで、自宅にBlu-rayやDVDが届く
  • 旧作のDVDは何度でも借りることができる
  • 借りれる作品数は業界ぶっちぎりの34万本以上。音楽もレンタルし放題
  • 返却は付属の封筒にいれて、ポストにいれるだけ
  • TSUTAYA限定の作品もレンタルすることができる

デメリット

  • 一回のレンタルで最大2枚目までしか借りることができない
  • 新作は月に最大8枚まで
  • レンタルなので動画配信サービスのようにすぐに視聴することができない
  • 地域によっては、郵送に2~3日程度かかる

TSUTAYAディスカスはこんな人におすすめ!!

TSUTAYAが大好きで、34万本のタイトルの中から映画を楽しみたい方におすすめ!!

 

 

ビギナーにおすすめのGYAO!

GYAO!の詳細

GYAO! - 無料動画アプリ

本社所在地  日本
月額料金  無料(プレミアム会員864円)
動画本数  50,000本以上
無料期間  無し(プレミアム会員最大3ヵ月間)
画質  SD,HD,フルHD(無料版とプレミアムで異なる)
対応端末 スマホ、PC、タブレット(プレミアムは+テレビが付く)
ダウンロード機能  無し


動画配信サービスがどんなものか試してみたい方用で、純粋に映画やドラマを楽しみたい方にはまったくおすすめできませんのでご注意を。

 

メリット

  • 無料で50,000本の動画(映画、ドラマ、アニメ、音楽)を楽しむことができる
  • めんどくさい登録なし!専用アプリをインストールすればすぐに利用することができる

デメリット

  • Youtubeと同じで、視聴前や視聴中にCMや広告が流れる
  • 映画に関しては聞いたことがないような作品ばかり。新作や名作は皆無
  • 有料プランに切り替えても、内容はあまりよくない

 

GYAO!はこんな人におすすめ!!

まずはお試し感覚で無料の動画配信サービスを楽しみたい方におすすめ!!

 

GYAO!の詳細はこちら!!

 

動画配信サービスのまとめ!

ネットサービスに限らず、世の中にある商品やサービスはサンプルやお試し期間を活用して、実際に体験するしか納得することができません。

特に動画配信サービスは個人の趣味趣向によって好みが変わってきます。

自分に合うと思ったサービスを見つけたら、まずは「無料お試し期間」を活用してみましょう。

 

 

-Hulu, 動画配信サービス 比較