おすすめ 映画 まとめ 映画感想 SF作品

【10分でおさらい・解説!】「スター・ウォーズシリーズ」の全てを徹底解剖していく!

2018/06/28

                          

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&8万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

 

 

 みなさんこんにちは。シタマチです。

2017年12月16日に「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されます。

しかし、「スター・ウォーズ」シリーズは作品数が多いため、どれから見ればいいのか分からない人がほとんどだと思います。

そこで!ここでは「スター・ウォーズ」シリーズってなに?という方のために、

  • 「スター・ウォーズ」シリーズの概要
  • 「スター・ウォーズ」シリーズを効率よくおさらいする方法
  • 「スター・ウォーズ」シリーズの歴史(各エピソードの詳細、キャラクター紹介)
  • 「スター・ウォーズ」シリーズの大まかな流れ
  • 「スター・ウォーズ」シリーズの今後
  • 「スター・ウォーズ」シリーズの用語解説

を紹介していきます。

物語の核心に迫るネタバレは避けていますが、自己責任でお読みください。

 

 

目次

「スター・ウォーズ」シリーズとは?

スター・ウォーズ・フィルム・スペクタキュラー

「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に、映画、アニメーション、小説、コミック、ゲーム等によって展開されるスペースオペラ・シリーズ。

「スター・ウォーズ」とは、ハリウッド映画の巨匠ジョージ・ルーカスが制作した宇宙活劇(またの名をスペースオペラ)のことです。

「スター・ウォーズ」シリーズからは、

  • フォース
  • ライトセーバー
  • ヨーダ

といった、誰もが一度は聞いたことがあるキャラクターや用語が生まれました。

1977年に一作目の「スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望」が公開されてから、現在まで続編が制作され続けている不朽の名作です。

「スター・ウォーズ」といえば熱狂的なファンが多いことでも有名で、アメリカでは「スター・ウォーズ」と、同じくSF映画の名作「スター・トレック」のファンは、日本でいう巨人と阪神ファンのように対立していることで有名。

だからといって「スター・ウォーズ」シリーズを見るにあたって、なにも構える必要はありません。

やはり、不朽の名作といわれるだけあって純粋に面白いし、子供から大人までだれもが楽しめる作品です。

 

【おさらい!】「スター・ウォーズ」シリーズはどこから見るべき!?

映画 スター ウォーズ 最後のジェダイ ポスター 42x30cm STAR WARS: THE LAST JEDI エピソード8 レイ フィン ルーク スカイウォーカー レイア カイロ レン R2D2 C3POダース・ベイダー [並行輸入品]

「スター・ウォーズ」シリーズをはじめて見る方は、作品数が多すぎて、どこからおさらいしていいのか分からないかと思います。

そこで、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を鑑賞するにあたって、絶対におさらいすべき作品を紹介していきます。

(※各作品の詳細は記事の中盤から解説していきます。)

 

時間があるなら絶対おさらいして!

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年公開)
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年公開)
  • スターウォーズ フォースの覚醒/エピソード7(2015年公開)

時間に余裕があって、「最後のジェダイ」を全力で楽しみたい方は上記の4作品を鑑賞しましょう。

そもそも、「フォースの覚醒」は旧三部作(オリジナルストーリー)の続編に当たるので、「フォースの覚醒」から入っても、理解できない場面が何度かでてきます。

旧三部作を見ておけば、ストーリーの意味や登場人物たちの心情を理解することができ、また「スター・ウォーズ」シリーズの全体像を把握できるので、鑑賞しましょう。

 

一応補足しておきますが、1番良いのは、すべての作品を鑑賞することです。

「スター・ウォーズ」シリーズはいたるところに伏線が散りばめられており、「アベンジャーズ」や「ワンピース」のように、知れば知るほど楽しめるシリーズ作品になっています。

 

 

「スター・ウォーズ」シリーズの歴史【新三部作編】

ここからは、「スター・ウォーズ」の歴史と各作品の詳細をストーリー順に紹介して行きます。

まずは新三部作から。

 

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年公開)

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]

秘められたフォースの力を宿す少年アナキン・スカイウォーカーが、やがて銀河を震かんさせるダースベイダーになるまでの姿を描く3部作の第1部。

平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃され、その事件の調査に向かったジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは、メカの不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着する。

そこで出会った9歳の少年アナキンに眠るフォースの力を感じ取ったクワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとするが……。

引用:映画.com

 

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年公開)

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 [DVD]

前作から10年後。数百もの惑星に広がった分離主義運動によって共和国が混乱に陥る中、パドメ・アミダラ元老院議員の暗殺未遂事件が発生。

オビ=ワンのもとで修行を積んだアナキン・スカイウォーカーがアミダラの護衛を任されるが、2人はやがて禁断の恋に落ちていく。

引用:映画.com

 

スターウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(吹替版)

パルパティーン最高議長がドロイド軍のグリーバス将軍に捕らえられて人質となり、オビ=ワンとアナキンが救出に向かう。

パルパティーンの奪還に成功し、帰還したアナキンは、妻パドメが妊娠していることを知るが、やがてパドメが出産とともに死んでしまう夢にうなされるようになる。

そこでパルパティーンは、自分こそがフォースの全てを知り尽くしており、暗黒面の力を用いれば人を死からも救うことができるとアナキンに明かす。それを知ったアナキンはパドメを救いたいという思いから、次第に暗黒面へと傾いてく。

引用:映画.com

 

新三部作の主要登場人物

【アナキン・スカイウォーカー/演ヘイデン・クリステンセン】

新三部作の主人公。ヨーダをも超える強いフォースの力をもつジェダイ。

しかし、そのあまりにも強すぎるフォースへの執着心と恋人パドメを失う恐怖により、最後はダークサイドに堕ちてしまう。

ダークサイドに落ちた後は、ダース・シディアスの元でジェダイ狩りを行っていたが、師のオビ=ワンが止めに入ったことで壮絶な戦いを繰り広げていく。

ライトセーバーの色は青。

 

【オビ=ワン・ケノービ/演ユアン・マクレガー】

非常に冷静でありながら思慮深く、心優しいジェダイ。

新三部作ではアナキン、旧三部作ではルークの師匠として彼らを指導する。

アナキンのように突出した才能は無いものの、非常にバランス力に優れたジェダイ。

得意技はフォースをつかって人の心を操るマインド・トリック。

エピソード3の最後では、ダークサイドに堕ちたアナキンと激しい戦闘を繰り広げていく。

ライトセーバーの色は青。

 

【クワイ=ガン・ジン/リーアム・ニーソン】

オビ=ワンの師匠。ジェダイとしての実力、そして指導力はジェダイ・マスターの中でも飛び抜けている。 

また、その優れた観察眼を生かしてアナキンの秘めた才能に気づき、彼をジェダイの世界に引き入れた人物。

エピソード1のラストでダース・モールに殺されてしまう。

 

【パドメ・アミダラ/演ナタリー・ポートマン】

惑星ナブーの女王で、アナキンの恋人。

ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナの母親。

元々は貧しい平民だったが、政治家としての才能が覚醒しわずか14歳でナブーの女王に就任する。

その後は手腕をかわれ銀河元老院議員となり、アナキンと出会って結ばれるも、これが結果的に銀河の崩壊の原因の一つとなってしまった。

 

【ヨーダ/演フランク・オズ】

エイリアンでありながら、伝説の存在として語り継がれるジェダイ・マスター。

天性のライトセーバー技術と突出したフォースの力は史上最強と言われていた。

ただ、出生地や生い立ちなど、彼の過去を詳しく知る物はいない。

初めてアナキンと出会った際に、彼の危険性を見抜いていたが、アナキンの才能を優先し見過ごしてしまう。

旧三部作にも登場し、ルークの師匠となる。

ライトセーバーの色は緑。

 

【ダース・シディアス(パルパティーン最高議長)/演イアン・マクダーミド】 

「スター・ウォーズ」シリーズの最大の悪役であり、シリーズ一連の黒幕。

表の顔はパルパティーンとして銀河共和国を指導していたが、実際はダース・シディアスとして裏で暗躍していた。

アナキンをダークサイドに引き込み、大規模なジェダイ狩りを行って共和国を崩壊させた。

フォースの力も突出しており、その実力はヨーダと並ぶほど。

ライトセーバーの色は赤。

 

【新三部作】のまとめ  

  1. シスの暗躍
  2. ダースベイダー誕生の過程
  3. 銀河共和国の崩壊 

この3つを軸にシリーズが展開されていきます。

公開順は後ですが、時系列でいうと新三部作から物語はスタートします。

しかし、旧三部作からみても問題はありませんのでご安心を。

 

「スターウォーズ」シリーズの歴史【旧三部作編】

 

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年公開)

スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV) (リミテッド・エディション2枚組) [DVD]

帝国の支配下にある銀河系で、反乱軍が帝国の宇宙要塞デス・スターの設計図を奪取した。

ダース・ベイダー率いる帝国軍の攻撃を受けた反乱軍の指導者レイア姫は、ドロイドのR2-D2に救援メッセージを託す。

やがて砂の惑星タトゥイーンにたどり着いたR2-D2とその相棒C-3POは、農場で暮らす青年ルーク・スカイウォーカーに出会い……

引用:映画.com

 

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年公開)

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(字幕版)

帝国軍のデス・スターを破壊し、反乱軍が一矢を報いてから3年。帝国軍は猛反撃を開始し、反乱軍は極寒の惑星ホスに新たな秘密基地を築いて時をうかがっていた。

しかし、帝国軍の攻撃によりホスの秘密基地からも撤退を余儀なくされ、反乱軍は窮地に立たされる。そんな中、ルークはフォースの修行を積むため、惑星ダゴバにいるというジェダイ・マスター、ヨーダの元を訪れる。

引用:映画.com

 

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年公開)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(字幕版)

惑星タトゥイーンへと向かったルークとレイアは、大悪党ジャバ・ザ・ハットに捕らえられていたハン・ソロの救出に成功。

修行を続けるため再び惑星ダゴバを訪れたルークは、ヨーダから驚くべき自身の出生の秘密を明かされる。一方、反乱軍は帝国軍が衛星エンドアに第2のデス・スターを建造しているとの情報をキャッチし、これを打ち破るため大規模な作戦を展開する。

引用:映画.com

 

旧三部作の主要登場人物

【ルーク・スカイウォーカー/演マーク・ハミル】

アナキン・スカイウォーカー=ダース・ベイダーの息子で旧三部作の主人公。

師匠はオビ=ワンとヨーダ。

一般的な家庭で育ったため、性格は基本的に温厚で純粋。

しかし、父親譲りの強力なフォースが覚醒したことで、宇宙をまたにかけた壮大な戦いに参加することになる。

ライトセイバーの色は青。

 

【レイア・オーガナ/演キャリー・フィッシャー】

旧三部作のヒロインで、父親はアナキン・スカイウォーカー。

そのため、ルークは双子の兄にあたる。

ルーク達や反乱同盟軍と手を組んで帝国軍を崩壊させるために奮闘していく。

フォースの力はあるが兄のルークほどではないため、ジェダイのように使いこなすことはできない。

王室で育ったため、純粋で正義感が強く頭もいい。

後にハン・ソロと結ばれて子供を授かる。

 

【ハン・ソロ/演ハリソン・フォード】

悪名高い盗賊。愛機ミレニアム・ファルコンと相棒のチューバッカを引き連れ密輸していたころ、ルーク達と出会い、反乱同盟軍に加わる。

フォースを扱うことはできないが、ブラスターの早打ちや戦闘機の操縦技術が得意。

後にレイアと結ばれる。

 

【オビ=ワン・ベン・ケノービ/演アレックス・ギネス】

この時代の数少ないジェダイ。自分は死んだことにし、ベンという偽名をつかってひっそりくらしていた。

ルークと出会い、彼の才能を見抜いたあとは、一流のジェダイにするべくヨーダと共に彼を育てる。

かつてはジェダイの騎士として活躍し、アナキン・スカイウォーカーを弟子にし宇宙の平和を守っていた。

 

【C-3PO/演アンソニー・ダニエルズ】

紳士的なドロイド。

「スター・ウォーズ」シリーズのすべての作品に出演しており、アナキンやルークといった、物語の主人公達をサポートしてきた。

R2-D2とは腐れ縁の仲。

 

【R2-D2/演ケニー・ベイカー】

C-3POの親友兼相棒。

喋ることはできないが、その代わりにホログラム映像や宇宙船のオペレーターとしてルーク達をサポートしていく。

その愛くるしい見た目と行動から、たくさんのスターウォーズファンに愛されてきたドロイド。

 

【ダース・ベイダー/演デヴィッド・ブラウズ/声ジェームズ・アール・ジョーンズ】

旧三部作の悪役。

帝国軍の指揮官として、歯向かう者を片っ端から抹殺していく冷酷な性格を持つ。

その正体はアナキン・スカイウォーカーがダークサイドに堕ちた姿で、ルークとレイアの父親。

過去のとある戦闘によって火傷を負い、その後遺症からあのような半サイボーグ人間と化してしまった。

得意技はフォースの力で首を絞める「フォースチョーク」

ライトセーバーの色は赤。

 

旧三部作(オリジナル・トリロジー)のまとめ

銀河共和国が崩壊してから18年後の世界が舞台。

  1. ジェダイの復活
  2. 帝国軍の崩壊
  3. ルークとダースベイダーの親子対決

この3つを軸にシリーズが展開されていきます。

旧三部作からおさらいしていっても、問題はありません。

 

「スター・ウォーズ」シリーズの歴史【続三部作編】

スターウォーズ フォースの覚醒/エピソード7(2015年公開)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (字幕版)

ストーリーの舞台は前作のラストにあたるエピソード6の30年後。前作で壊滅的なダメージを受けたと思われた帝国軍は、その残党がファースト・オーダー(The First Order)として銀河の支配を企んでいた。

一方銀河には新共和国が復活。しかしかつての規模ではなく、ファースト・オーダーに抗うためレイアの私設軍隊レジスタンス(Resistance)が存在、新共和国が手を貸していた。

引用:ciatr

 

スター・ウォーズ/エピソード8/最後のジェダイ(2017年公開)

STAR WARS スター・ウォーズ 最後のジェダイ/Wポケットクリアファイル

「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。

前作で「スター・ウォーズ」の新たな主人公レイに大抜てきされ一躍注目を集めたデイジー・リドリーのほか、ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じるジョン・ボヤーガ、ダースベイダーを受け継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そしてルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、2016年12月に急逝したレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーらおなじみのキャストが出演。

監督・脚本は「BRICK ブリック」「LOOPER ルーパー」などで頭角を現したライアン・ジョンソンが担当した。

引用:映画.com

 

「スター・ウォーズ/エピソード9(2019公開予定)」の詳細はまだ公表されていないので、今回は割愛します。

 

 

【続三部作】の主要登場人物

【レイ/演デイジー・リドリー】

続三部作の主人公。

砂漠の惑星ジャクーで1人寂しく暮らしていたが、謎のドロイドBB-8を助けたことで、銀河を巻き込む壮大な戦いに巻き込まれいく。

強力なフォースの持ち主で、ルーク・スカイウォーカーとなにかしらの関係がある模様。

 

【フィン/演ジョン・ボエイガ】

脱走兵。

元々ストーム・トルパーとしてカイロ・レンの元で働いていたが、ファースト・オーダーの殺戮に嫌気がさし、逃亡。

その際にレイ達と出会って、行動を共にするようになる。

 

【ハン・ソロ/演ハリソンフォード】

本作でも、ミレニアム・ファルコンとチューバッカを引き連れ宇宙を旅していたところ、レイ達と遭遇し彼女たちをサポートすることになる。

 

【レイア・オーガナ/演キャリー・フィッシャー】

現在はレジスタンスの将軍として、帝国軍の生き残りファースト・オーダーの監視を行っている。

 

【ルーク・スカイウォーカー/演マーク・ハミル】

最後のジェダイの騎士。エンドアの戦いから30年経った現在は、消息が不明。

ラストでレイと対面する。

 

【カイロ・レン/演アダム・ドライバー】

ハン・ソロとレイア・オーガナイの息子。

元々はルーク・スカイウォーカーの弟子の1人で「レン騎士団」に所属していたが、現在はダース・ベイダーの意思を引き継ぎダークサイド側についている。

 

【最高指導者スノーク/演アンディ・サーキス】

銀河の影の指導者。カイロ・レンを操る闇の存在。

正体は不明だが、彼の頭部の傷とダース・ベイダーの頭部の傷の類似していることから、なにかしらの関係があるとの憶測も。

 

 

「スター・ウォーズ 」スピンオフ三部作

スピンオフ作品は、2016年から2020年までに公開される「スター・ウォーズ」の番外編作品のことです。

本編とは直接的な関係はありませんが、2016年に公開された「ローグ・ワン」が世界中で大ヒットしたため、今後公開されている作品も期待されています。

 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016年公開)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (吹替版)

「エピソード4 新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを明らかにする物語となり、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソが、反乱軍の仲間とともに、帝国軍からデス・スターの設計図を奪う決死のミッションに挑む姿が描かれる。

引用:映画.com

 

個人的にかなりオススメの作品で、2016年は200本ほど映画を鑑賞しましたが、ぶっちぎりでNo.1でした。

 

 

また他にも、

  • 「ハン ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」(2018年公開)
  • 「オビ=ワン スター・ウォーズ・ストーリー(仮)」(2020年公開)

の公開が控えています。

 

「スター・ウォーズ」シリーズの大まかな流れ

卓上 スター・ウォーズ/最後のジェダイ カレンダー 【2018年版】 18CL-0345

ここまで紹介してきた「スター・ウォーズ」シリーズをさらっとまとめてみます。(時系列順)

  1. エピソード1/ファントム・メナス
  2. エピソード2/クローンの攻撃
  3. エピソード3/シスの復讐
  4. エピソード4/新たなる希望
  5. エピソード5/帝国の逆襲
  6. エピソード6/ジェダイの帰還
  7. エピソード7/フォースの覚醒
  8. エピソード8/最後のジェダイ

この順番で鑑賞すれば、スター・ウォーズのすべてを知ることができます。

ちなみに、2016年に公開された「ローグ・ワン」は3,4の間の物語になります。

かなりおすすめの作品なので、時間に余裕のある方は鑑賞してみて下さい。

 

「スター・ウォーズ」シリーズ 今後の展開

スター・ウォーズの今後の展開は以下のようになります。

「スター・ウォーズ/エピソード9(2019公開予定)」と2020年公開のスピンオフ作品の後に、新たなシリーズ作品とスピンオフ作品計6作品が公開を控えています。

これはもう、映画史上もっともシリーズ化された作品としてギネスブックに掲載されてもおかしくありませんね。

ただ、まだ確定ではないようなので、正式な発表があり次第、随時更新していきます。

 

スター・ウォ―ズシリーズの用語解説

ジェダイ

ポスター/スチール写真 A4 パターン19 スター・ウォーズ 最後のジェダイ 光沢プリント

ジェダイ騎士団に所属する、銀河の秩序を守る騎士。

銀河共和国があった時代は、ジェダイ・マスターやジェダイ・ナイトといったように、様々な位があった。

フォースの力とライトセーバーを駆使して戦う。

ジェダイは厳しい掟を守りつつ、困難な修行を乗り越えなくては一人前として認めてもらえないため、恋愛は禁止されている。

 

ライトセーバー

ポスター/スチール写真 A4 パターンY スター・ウォーズ フォースの覚醒 (2015) 光沢プリント

ジェダイが愛用する武器。

熱エネルギーを放出し、基本的に物体であればなんでも切断することが可能。

また、ブラスターのレーザービームを跳ね返したりなど、防御用としても使える。

ジェダイのようにフォースの力を操るものでないと使いこなせい。

主にライトサイドは青や緑、ダークサイドは赤を好んで使う。

 

フォース

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP2』ヨーダ/ライトセーバーを両手で構える

細胞に含まれる共生生物「ミディ=クロリアン」によって生み出されるエネルギー体。

敵の攻撃を予知したり、空間認識能力が高まるなど、様々な戦闘シーンで活用することができる。

他にも物を浮かしたり、相手の心をよんだり、電撃をだしたりすることも可能。

人によってフォースの使い方や力が異なる。

 

ドロイド

STARWARS R2-D2 ゴミ箱

ロボットのこと。

代表格はC-3POやR2-D2。

戦闘型やオペレーター用など様々なタイプが存在する。

ジェダイや人間のサポートがメイン。

年月が経つにつれ感情が芽生えてくるドロイドもいるので、人間の支配から逃れ独立して生活しているものもいる。

 

反乱同盟軍

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』/ルーク、レイア、ハン/【ノーブランド品】

銀河帝国軍に対抗すべく設立された反乱組織。

軍事力や資金は帝国軍に到底およばないが、1人の1人の統率力と野心は強い。

かつて銀河の平和を保っていた、銀河共和国の意思を引き継いでいる。

 

銀河帝国軍

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP3』アナキン&パルパティーンの横顔/アナキン(ヘイデン・クリステンセン)

銀河を支配する悪の組織。

銀河帝国に歯向かった惑星や組織はいとも簡単に滅ぼされてしまう。

シスの暗黒卿ダース・シディアスが皇帝として君臨しており、ダース・ベイダーやストーム・トルパーは彼の意思によってうごく。

銀河帝国崩壊後は、「フォースト・オーダー」と呼ばれる残党が暗躍している。

 

シス・ダークサイド

スター・ウォーズ ダース・ヴェイダー クロニクル

闇の力に惹かれ、善人の心を失ったジェダイのこと。

圧倒的な力を手に入れることができるが、その反面、良心がなくなるので平気で人を殺すようになったり、人相が豹変してしまう。

通常のジェダイと違って、怒りや悲しみといった負の感情を利用してフォースを操る。

 

Hulu!40,000本の動画と「スター・ ウォーズシリーズエピソード1~6」が無料見放題!

Huluの14日間無料トライアルを活用すれば、「スター・ウォーズエピソード1~6」が全て無料で視聴可能になります。

Huluには課金制度が一切ないため、40,000本以上の映画、ドラマ、アニメが無料で見放題!

スマホやタブレットでの視聴はもちろん、PS3,4などのゲーム機をテレビに繋げば、大画面で楽しむことが可能。

また、レンタルビデオ屋のように在庫切れや延滞料金が一切ないので、ぼくも愛用しています。

登録は2分ほどで済みます。

また無料トライアル中(2週間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

「登録の仕方が分からない!」

「Huluについてもっと知りたい!」

という方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

おすすめ記事!】

-おすすめ 映画 まとめ, 映画感想 SF作品