イメージ画像

おすすめ 映画 まとめ

何を借りていいのか分からないあなたにオススメしたい映画30選

2016/11/16

                          

 

みなさんこんにちは。下町バッドマンです。

誰しもが一度は経験があると思いますが、レンタルビデオ屋にいって映画を借りる際、何を借りていいか分からずウロウロしてしまうことってありませんか?

特に今の時代は置いてある映画の数が豊富なため、本当に迷いますよね。

  • 結局何を借りていいの分からないので、ビデオ屋オススメの作品を借りたけれどつまらなかった
  • 時間がなかったので、映画は諦めバラエティのDVDを借りてしまった

こういった経験はかなりありがちだと思います。(ビデオ屋オススメの作品って話題作や興行的に成功した作品を紹介しているため、中身はあまり期待できません。)

映画好きとしてはせっかくビデオ屋に足を運んだなら、素晴らしい作品に出会ってほしいし、そのまま映画好きになってもらえたら最高と常日頃から思っています。

ここでは、少しでもいい作品に出会ってもらうために、週に4〜5本映画をみている運営者が選んだオススメ映画を、

  • みんなでワイワイ編
  • 1人でじっくり編

の2つに分けて紹介していきます。

みんなでワイワイ編ではデートでみても大人数でみてもよしの映画を。

1人でじっくり編は、週末や連休にゆっくり映画を鑑賞したい方にオススメの映画を紹介していきます。

 

注意事項

  1. 映画に関しては右も左もわからない!という方のために記事をかいたので、僕のように週に何本も映画を見る方には物足りないかもしれません。
  2. 僕個人の主観だけだと不安という方のために、客観的な意見材料としてYahooレビューの点数も載せておきます。
  3. どれも本当にオススメなのでランキングはあえてつけていません。自分が気に入った作品を借りてください。

 

 

おすすめ映画:みんなでワイワイ編

 

ゾンビランド

  • 監督 ルーベン・フラインシャー
  • キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン
  • 上映時間 87分
  • Yahoo!レビュー 3.8

本作はとことんコメディ路線を貫いているゾンビ映画で、ホラー要素はゼロ。

ゾンビ映画に全く興味がない監督が撮っており、製作陣や演者は笑わすことに全力投球しています。

ストーリーはゾンビに支配された世界で男女4人が旅をしながら生き抜くというロードームービー。

ゾンビランドという題名のとおりハリウッドの豪邸やスーパーマーケットで馬鹿騒ぎしたりなど、主人公達はゾンビの世界を全力で楽しんでおり、しまいには遊園地までいこうと言い出します笑
 
といつつも、ゾンビ映画でおきまりの大量のゾンビに追いかけられる、ショットガンやマシンガンをぶっ放すなど、基礎的なことはきちんとやってくれるし、ジェットコースターにのりながらゾンビを殺すといったふざけた応用技や小技も利かせてくれています。
 
アメリカで一番興行収入を稼いだゾンビ映画なだけあって万人うけする作りになっており、ゾンビ映画のなかだったらナンバー1の作品です。
 
 
 

ラスベガスをぶっつぶせ

  • 監督 ロバート・ルケティック
  • キャスト ジム・スタージェス、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー
  • 上映時間 122分
  • Yahoo!レビュー 3.3

グランドイリュージョンのようなテイストの作品ですが、こちらの方が何倍も面白いです。

MIT(マサチューセッツ工科大学)にかよう超天才学生集団が、頭脳とカウンティングを武器にラスベガスのカジノで荒稼ぎするお話。

実はこの作品、実話を元につくられた作品なのですが、嘘だろ!と思うくらいハラハラドキドキの展開が待ちうけています。

正直いって、天才達が繰り広げるブラックジャックやイカサマの手順なんて見ているこっちは理解できないのですが、雰囲気とノリとテンポだけで楽しめちゃうんですよね。
 
見終わったあと、なぜか頭がよくなった気がする不思議でスリルのある作品です。
 
 
 

50回目のファーストキス

  • 監督 ピーター・シーガル
  • キャスト アダム・サンドラ―、ドリュー・バリモア
  • 上映時間 99分
  • Yahoo!レビュー 4.2
デートムービーにどうぞ!と自信たっぷりにオススメできるラブコメ作品。
 
舞台がハワイなだけあって、開放的でフレッシュな恋愛映画に仕上がっています。
 
事故のせいで記憶が1日しかもたないヒロインを好きになったチャラ男の主人公が、周囲の反対を押し切り、愛を育んでいく物語。
 
序盤はコメディ要素がつよいのですが、ヒロインの病気を理解し、どうしようもなかったチャラ男から1人の紳士に成長する主人公の姿はみていてほっこりするし、男性は恋愛の駆け引きにおいて勉強になるシーンがいくつもあります。
 
もちろん、恋愛映画なだけあって終盤に進むにつれキュンキュン要素も強くなってくるため、女性は必ず楽しめる作品になっています。
 
 
 

ハングオーバー シリーズ

  • 監督 ドット・フィリップス
  • キャスト ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ
  • 上映時間 100分
  • Yahoo!レビュー 3.8
年末のガキ使を見たあとでもいいし、夏休み友達の家に泊まりにいったときでもOK。
 
本作を見る際はお酒を大量に買いこんで大勢でみることをオススメします。
 
ストーリーは結婚式を前日に控えた友人を祝うために、男4人組がラスベガスで馬鹿騒ぎするというもの。
 
この作品の影響もあってか、本作に似た作りの映画は近年かなりふえてきました。
 
大袈裟なはなし、自分たちも参加しているかのような疑似体験感を楽しめる作品で、アルコールなしではみれません。
 
楽しい映画を見たくてたまらない若者達にオススメ!
 
 
 

バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズ

  • 監督 ロバート・ゼメキス
  • キャスト マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
  • 上映時間 116分
  • Yahoo!レビュー 4.6

これぞエンターテイメントの鑑といっていいほど素晴らしい作品なのに、若い世代は名前だけしっていて、見たこと無い人が多いんですよね。

ストーリーは主人公のマーティーが友人の科学者ドグが作った車型タイムマシン(デロリアン)に乗って、過去や未来を行き来し、自分のルーツや運命を変えていくといったもの。

映画のお手本といっていいほど、感動、笑い、ワクワク感がバランスよく詰め込んである極上のエンターテイメント作品です。

1980年代の作品なので映像は古いのですが、そんなのが気にならないくらい純粋に面白。

まあ、百聞は一見に如かず。とにかく見てください。

 

インシディアス

  • 監督 ジェームズ・ワン
  • キャスト パトリック・ウィルソン
  • 上映時間 103分
  • Yahoo!レビュー 3.2
「ソウ」と「パラノーマル・アクティビティ」の制作陣がタッグを組んだ映画。
 
新居に引っ越した家族3人に襲い掛かる恐怖を描いた最恐ホラー作品です。
 
ハリウッドのホラーは驚かすことしか能がないという意見を聞きますが、本作はストーリーもしっかりしており、登場人物一人一人を丁寧に描いています。
 
また、Jホラー的な要素をふんだんに使っており、呪怨やリングのようにゆっくりと静かに恐怖が襲ってくる演出が目立っていました。
 
もちろん、ハリウッド的なびっくりシーンも多く、観客の気分を徐々にどん底に落としていく展開もよかったです。
 
 
 

キングスマン

  • 監督 マシュー・ヴォ―ン
  • キャスト コリン・ファース、タロン・エガ―トン、サミュエル・L・ジャクソン
  • 上映時間 129分
  • Yahoo!レビュー 4.1
若者に絶大な人気を誇った「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督がメガホンをとったスパイアクション作品。
 
夢も希望なく自堕落な生活をしている主人公が、一人の英国紳士と出会って一流のスパイとして成長していくお話です。
 
スパイ要素とアメコミ要素が上手くあわさった作品で、スパイ候補生達による過酷な合同訓練など、スポコン要素も入っています。
 
本作の素晴らしいところはなんといっても、ド派手でカラフルな迫力満点のアクションシーンです。
 
血はたくさんでるわ、肉片は飛び散るわでグロテスクな描写も多いのですが、BGMやスパイグッズのおかげでポップなアクション映画になっています。(そこら辺はキック・アスと似ています。)
 
ラストにかんしては監督のモラルを疑うシーンの目白押しですが、不謹慎にも大爆笑してしまいました。

 

 

ウォームボディーズ

  • 監督 ジョナサン・レヴィン
  • キャスト ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー
  • 上映時間 98分
  • Yahoo!レビュー 3.9
ゾンビとは本来、人類を滅ぼす存在ですが、本作は人間に恋をしてしまったゾンビを描いています。
 
シェイク・スピアの「ロミオとジュリエット」をもとにしており、王道のラブロマンス要素がベースにあるため、女の子が見ても楽しめるデートムービーです。
 
また、本作はゾンビ視点で物語描いているため、ゾンビの悩みや行動などゾンビの生態も知ることができます。
 
恋愛映画とゾンビが大好き!という方に強くオススメする作品。
 
 
 

スクール・オブ・ロック

  • 監督 リチャード・リンクレイター
  • キャスト ジャック・ブラック
  • 上映時間 110分
  • Yahoo!レビュー 4.3
普段はだらしないがロックを愛する心は誰よりも強い主人公が、とあるきっかけで厳格な私立小学校の先生となり、ガリ勉小学生達にロックのイロハと魅力を叩き込むといった学園モノ。
 
「ハイスクール・ミュジーカル」や海外ドラマ「glee」のように学園を舞台にしたミュージカル映画です。
 
主人公がとにかくはちゃめちゃでコメディ要素が結構つよいのですが、勉強しかしたことがない小学生達がロックを通じて本来の無邪気な姿をとり戻すといったストーリーが軸にあるため、学園モノとしてきちんと成立しています。
 
扱っている楽曲も有名なロックミュージックばかりなので、あ!これしってる!とミュージカル映画ならではの楽しみ方もできる良作。
 
 
 

ラストスタンド

  • 監督 キム・ジウン
  • キャスト アーノル・ドシュワルツェネッガー
  • 上映時間 107分
  • Yahoo!レビュー 3.7
ターミネーターことアーノルド・シュワルツェネッガーの主演復帰作でもある本作は、男心をくすぐる非常に胸熱なアクション大作に仕上がっています。
 
元敏腕刑事の主人公が静かな田舎町で保安官をして余生を過ごしていたところ、凶悪犯罪者のボスが脱走し国境を越えるため、この町に向かっているという電話がかかってきます。
 
そこで主人公達は町を守るため、犯罪者集団に立ち向かうというストーリー。
 
武器も人手もまったく足りてない田舎町の保安官達が、知恵だけをつかって最新鋭の武器をもった犯罪者と戦うといった構図は、少年漫画にありがちな、弱小校が強豪校に打ち勝つ青春サクセスストーリーに通ずるものがあります。
 
終盤のタイマン戦もかなり見もので、アクション大好き男子にはたまらない作品となっています。
 
 
 

フットルース 夢に向かって

  • 監督 グレイグ・ブリュワー
  • キャスト ケニー・ウォーマルド
  • 上映時間 113分
  • Yahoo!レビュー 3.3
音楽もダンスも禁止された町で、若者達が音楽やダンスをつかって厳しい規則や理不尽な大人達にたち向かっていく学園青春ムービー。
 
1984年に制作されたフットルースのリメイクのため、スマホやウォークマンが普及しているこの時代に音楽とダンスが禁止ってどーゆこと!?とツッコミたくなりますが、そこには目をつぶりましょう。
 
登場人物達はみんな美男美女ばかりだし、どこかで聞いたことがある音楽がテンポよく流れてくるため、ミュジーカル映画や学園ものが大好きな方にはうってつけです。
 
頭をカラっぽにして、心のそこからダンスと音楽を楽しんでください。
 
 
 

イグジスツ

  • 監督 エドゥアルド・サンチェス
  • キャスト マディソン・バージ
  • 上映時間 86分
  • Yahoo!レビュー 2.5(点数は低いですが、大勢で見るならかなりおすすめ)
最近はやりのPOV形式(ハンディカメラでとったような主観映像)を駆使したパニックムービー。
 
クローバーフィールドやパラノーマルアクティビティを想像してもらえればわかりやすいかと思います。
 
ストーリーはいたって簡単、キャンプにきた男女5人がビッグフットらしき大きな獣におそわれるお話。
 
正直最初は舐めてかかっていたのですが、案外こわい。
 
どうせ、後ろ向いたらいなくて前を見たらいるんだろ?とわかっていてもこわい。
 
閉鎖的で迷いやすい森のなかという設定も手伝って、ハラハラドキドキするにはもってこいの作品です。
 
 
 

パシフィック・リム

  • 監督 ギレルモ・デル・トロ
  • キャスト チャーリー・ハナム、菊地凛子、芦田愛菜
  • 上映時間 131分
  • Yahoo!レビュー 3.9
本作のギレルモ・デル・トロ監督は日本のアニメや怪獣、ロボット好きということもあって、日本のレトロなロボット・怪獣哲学が刷り込まれており、男性ならどの層がみても楽しめる作品に仕上がっています。
 
深海から現れる謎の生命体カイジュウと人類が開発した巨人兵器イェーガーの戦いを描いています。
 
本作ほど「大迫力!!」という言葉がぴったりくる作品は少なく、カイジュウとイェーガーの戦闘シーンは素晴らしいの一言につきます。(できれば大画面でみてほしい)
 
また、謎の生命体カイジュウは恐ろしく強く、目的も生態もわからず不定期にあらわれる感じが観客の不安を煽ってきます。
 
そこら辺の怪獣映画とちがって、スポーツ観戦でもしているかのように白熱できますし、迫力に関しては保証しまっせ!
 
 
 

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

  • 監督 イーライ・グレイグ
  • キャスト タイラー・ラビーン、アラン・デュディック
  • 上映時間 88分
  • Yahoo!レビュー 4.1
気が弱くて優しいおっさん2人が、見た目がコワいというだけで若い学生グループに猟奇的な殺人鬼にまちがえられ、珍事に巻き込まれていくストーリー。
 
斬新な設定の作品で、殺人鬼に若い男女が次々と殺されていく設定の映画はよくありますが、本作は襲う側に焦点をあてています。
 
ただ、襲う側のおっさん2人はまったく人を襲うつもりがありません。
 
若者達が勝手に勘違いして攻撃をしかけてくるのですが、オモシロい具合に自爆していきます。
 
言葉はワルいですが、この映画の肝は頭のよわい若者達がピタゴラスイッチ的に清々しく死んでいくところです。
 
言葉では説明しづらいので是非、自分の目でたしかめて下さい。
 
ただ、グロ耐性がない方は鑑賞を控えましょう。
 
 
 

テッド

  • 監督 セス・マクファーレン
  • キャスト マーク・ウォールバーグ
  • 上映時間 106分
  • Yahoo!レビュー 3.4

こちらもみんなで友達の家に集まったときに、是非鑑賞してほしい作品です。

1人のおっさんと1匹?1体の下品なテディベアのドダバタ劇を描いたハートフルコメディ。
 
可愛いテディベアが下ネタを言いまくったり、マニアックだけどなぜか笑ってしまうネタなど、雰囲気はどこか深夜枠のバラエティ番組ににており、万人受けではありませんが若者に絶大な人気がある作品です。(若者達のギャグセンスを心得ています。)
 
テッドの吹き替えをしているのはあの有吉弘行さんで、これが双方のキャラと非常にマッチしているので、吹き替え版で見ることをオススメします。
 
 
 
 

おすすめ映画:一人でじっくり編

 

ガタカ

  • 監督 アンドリュー・二コル
  • キャスト イーサン・ホーク、ジュード・ロウ、ユマ・サーマン
  • 上映時間106分
  • Yahoo!レビュー 4.1
今回紹介するなかで1番といっていいほど強くオススメするSF作品。
 
遺伝子操作が進歩した近未来。ほとんどの人類が優秀な遺伝子を産まれながらにもち、適応者として生活するなか、不適応者として生まれた主人公がハンデを持ちながらも宇宙飛行士を目指すお話。
 
キャスト、脚本、音楽。
 
ここまで全てがほぼパーフェクトに仕上がっている作品は本当に珍しいです。
 
頑張れば夢は叶う、といった自己啓発的なテーマでありながらそれを前面に押し出さず、現実的にそしてフレッシュに描いているため、素直に感動することができる名作。
 
ちなみに、いままでたくさんの知人におすすめしてきたのですが、
 
もれなくほとんどの人が「面白い!」「感動した。。」といってくれました。
 
 
 

プラダを着た悪魔

  • 監督 デヴィッド・フランケル
  • キャスト アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ
  • 上映時間 110分
  • Yahoo!レビュー 4.0
「マイ・インターン」のアン・ハサウェイが一躍有名になるきっかけとなった作品で、様々なサイトで紹介されている超有名作。
 
ファッションに全く興味のないジャーナリスト志望の主人公が、超有名ファッション雑誌ランウェイに就職し、横暴で絶対的な存在のカリスマ編集長のもとで奮闘するお話。
 
ファッション雑誌、ニューヨーク、編集部といかにも20歳の女性をターゲットにした作品におもえますが、老若男女誰が見てもたのしめる作品です。
 
ダサくて不器用だけどひたむきに頑張る主人公をみていると「頑張るってこういうことなんだ」と前向きになれる作品で、見終わったあとはきっと清々しい気持ちになれるはず。
 
ちなみに、本作のもう一人のキーマンである編集長のミランダにモデルがいると聞いたときは少しゾッとしました。。。
 
 
 

ダークナイト

  • 監督 クリストファー・ノーラン
  • キャスト クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー
  • 上映時間 110分
  • Yahoo!レビュー 4.4
ボクのオールタイムベスト3には必ず入ってくる名作。大好きすぎて7、8回は見ています。
 
本作は簡単に言うとヒーローを現実的に描いたリアリズムテイストのアメコミ作品。
 
とても有名な作品なので内容は省きますが、本作の役作りのせいで精神をきたして亡くなってしまったヒース・レジャー演じるジョーカーの怪演。
 
そして、2時間半近くもあるにもかかわらず、観客を飽きさせない濃厚な脚本。
 
CGばかりに頼っている最近の大衆娯楽映画に飽き飽きしている方におすすめです。
 
 
 

スタンド・バイ・ミー

  • 監督 ロブ・ライナー
  • キャスト リヴァー・フェニックス、ウィル・ウィ―トン
  • 上映時間 89分
  • Yahoo!レビュー 4.2

本作の主題歌でもあるスタンド・バイ・ミーは誰もが一度は聞いたことがあり、日本でも多くの歌手がカバーしています。

ヤンチャな少年4人組が森の中にある死体を探しにいくお話。
 
大自然に囲まれたオレゴン州の小さな田舎町が舞台で、ノスタルジック溢れる作品になっています。
 
ただ、複雑な家庭環境で育った少年達の心情であったり、死体を探しにいくというテーマが軸にあるため、深く考えさせれる場面も多々あります。
 
嫌なこともあったけど、良いこともたくさんあった。
 
誰もが経験する思春期を凝縮した名作です。
 
 
 

オール・ユー・ニード・イズ・キル

  • 監督 ダグ・リーマン
  • キャスト トム・クルーズ、エミリーブラント
  • 上映時間 113分
  • Yahoo!レビュー 3.9
日本のライトノベルが原作となったSF超大作。
 
戦闘経験が一度もない軍隊の広報担当で主人公のケイジが、謎の侵略者ギタイと戦うというストーリー。
 
公開当時かなり注目された作品で、主人公は死んでは生き返るを繰り返し、強くなっていきます。
 
ちょうど、ボスにやられるたびにセーブポイントにもどり、コツをつかんで最終的には全クリするRPGゲームを思い出させてくれる作品で、10〜30代の男子はきっと好きな設定のはず。
 
序盤からいきなり始まる砂浜での戦闘シーンは見ものです。
 
 
 

最高の人生の見つけ方

  • 監督 ロブ・ライナー
  • キャスト モーガン・フリーマン、ジャック・二コルソン
  • 上映時間 97分
  • Yahoo!レビュー 4.0

余命6ヶ月と診断された2人のおじいちゃんが、余生を楽しむために全世界を飛び回って遊びまくるお話。

1人は金持ちで豪快、もう1人は真面目で大人しい。
 
一見性格が正反対の2人が馬鹿騒ぎする本作は、ハングオーバー的な要素もありつつ、ほんのり感動も誘ってきます。
 
よく人は死ぬ前に、もっと自分に正直になればよかったというそうですが、本作をみているとそれが身に染みてきます。
 
過去でも未来でもなく、今を全力で生きようというメッセージが力強く伝わってくる作品でした。
 
 
 

インセプション

  • 監督 クリストファー・ノーラン
  • キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トム・ハーディ・渡辺謙
  • 上映時間 148分
  • Yahoo!レビュー 4.0
 「ダークナイト」のクリストファー・ノーランが描くSFアクション。
 
すごく入り組んでいて難しい映画ですが、簡単にいうと人の夢のなかに入って情報を盗んだり、植えつけたりするお話です。
 
主人公は人の夢のなかに入り、情報を盗むことを生業としており、物語が進むにつれ夢の中の夢の中の夢の中の……といったようにどんどん深いところまで入っていきます。
 
インセプションが傑作といわれている理由はリピーターが多いから。
 
本来、オチを知っている映画を何回もみようとは思いません。(尚且つ本作のように長くて難しいものは)
 
ただ、噛めば噛むほ美味しくなるではありませんが、2回目、3回目と見直すごとに面白くなっていく不思議な作品です。
 
ちなみに僕は今度6回目に挑戦します笑
 
 
 

遠い空の向こうに

  • 監督 ジョー・ジョンストン
  • キャスト ジェイク・ギレンホール
  • 上映時間 108分
  • Yahoo!レビュー 4.5
中学英語の教科書に載せられるほどよく出来た名作で、見た人の心を虜にします。
 
アメリカがまだロケットを打ち上げていない1950年代に4人の高校生がロケットを作るべく、周りに反対されながらも夢を実現させていく、実話を元にしたサクセスストーリー。
 
「いまやっていることが全く上手くいかない」
 
「やりたいことがあるけど、周りにバカにされそうでできない」
 
そんな悩みを抱えている方に是非、見て欲しい作品です。
 
ベタな感想になってしまいますが、主人公達の諦めない姿勢はきっとあなたの活力になるかと思います。
 
エンドロールに流れる主人公達の真実にはハンカチなしでは見れないはず。
 
 
 

イングロリアス・バスターズ

  • 監督 クエンティン・タランティーノ
  • キャスト ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ
  • 上映時間 152分
  • Yahoo!レビュー 3.6

「キル・ビル」や「パルプ・フィクション」で知られる鬼才、クエンティン・タランティーノ監督の第二次世界大戦を舞台にした群像劇。

アカデミー賞8部門ノミネートをはじめ、様々な賞を獲得しただけあってめちゃくちゃ面白いです。
 
本作の肝はなんといってもタランティーノ監督が大好きな演出である、無駄な会話劇。
 
冒頭のユダヤ人をかくまう農夫と、ユダヤハンターの異名をもつランダ大佐の会話シーンは手に汗握るものがあります。
 
戦争をテーマにした作品ですが、倫理観がどうとか歴史がどうとか難しい内容ではなく、コミカルでバイオレンスな作品に仕上がっているので、歴史に疎くても楽しむことができます。
 
また、本作にでてくる女性陣は美人ばかりなので男性は必見です。
 
 
 

ノーカントリー

  • 監督 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
  • キャスト トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン
  • 上映時間 122分
  • Yahoo!レビュー 3.7
アカデミー賞4冠を達成した本作は、公開されてから10年近く経つのに未だに根強いファンをもつ問題作です。
 
ギャングのお金を盗んだ主人公が、史上最悪の殺し屋を中心に様々な人間から命を狙われるというストーリー。
 
本作を簡単にいうならば鬼ごっこ。しかし、鬼がとにかくとち狂っています。
 
倫理観とかモラルとかそんなことは通用せず、ガスボンベ式の変わった武器でひたすら追っかけてくるそれはもはや悪夢。
 
BGMが全くなく(無声映画ではないです)、それがまた殺伐としていて常に緊張感をもたらしており、よく出来た演出だなと感心した記憶があります。
 
 
 

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち

  • 監督 ガス・ヴァン・サント
  • キャスト マット・デイモン、ロビン・ウィリアムズ、ベン・アフレック
  • 上映時間 127分
  • Yahoo!レビュー 4.3
 
アカデミー賞も受賞し、様々な映画サイトで紹介されている作品ですが、予想を遥かに上回る名作に仕上がっています。
 
今や大スターとなったマット・デイモンが、天才的な頭脳をもちながらも壮絶なトラウマを抱えたティーンエンジャーを演じており、そのセリフ1つ1つが重く、胸に響いてきます。
 
様々な意見が飛び交っている作品ですが、大きなトラウマを抱えていたり、自分の世界にこもりがちな人にはとにかく見て欲しい。
 
昔どこかのレビューサイトで「この作品のおかげで引きこもりを卒業しました」という書き込みがありましたが、あながちありえない話ではありません。
 
それほど不思議なパワーと魅力に包まれている作品です。
 
 
 

ロスト・ボディ

  • 監督 オリオル・パウロ 
  • キャスト ホセ・コロナド
  • 上映時間 111分
  • Yahoo!レビュー 3.8
あまり表には出てきてないスペイン映画ですが、ここまできれいに伏線が散りばめられていて、尚且つオチが全く予想できない作品は中々ないと思います。
 
とある金持ちの婦人が殺され、その死体が消えたことによって起きる事件を描いたサスペンス作品。
 
とまあ、あらすじは普通なんですが早い段階で犯人はわかります。
 
え、ここからどうするの?と不安になっているのもつかの間、上手い具合に物語が二転、三転していき衝撃のクライマックスを迎えます。
 
本作はこの記事を読んでいるあなたに向けての挑戦状でもあり、鑑賞するという方は、ラストを迎えるまでにオチを推理してみて下さい。
 
 
 

きっと、上手くいく

  • 監督 ラージクマール・ヒラニ 
  • キャスト アーミル・カーン
  • 上映時間 170分
  • Yahoo!レビュー 4.5
 今回紹介する作品のなかで唯一のインド映画ですが、とても素晴らしい作品なので紹介します。
 
インドの大スター、アーミル・カーンが主演を務める作品で、仲良し3人組の大学生を軸にインドの教育問題を取り上げた学園コメディ作品(ちなみに、カーンは当時44歳で大学生役をやっていますが、違和感がまったくありません。)
 
笑いあり、感動あり、そしてインド映画お馴染みのダンスありと明るくて楽しい作品ですが、あまり表には出てこないインドの教育現場の裏側を描いており、ゾッとさせられる場面がいくつもでてきます。
 
そういった意味でも「きっと、上手くいく」という言葉がいかに今のインドの社会に必要なのかということが伝わってきますし、自殺者が年々増加している日本でも同じことが言えるかと思います。
 
インド映画ということで抵抗があるかもしれませんが、騙されと思って鑑賞してみてください。
 
 
 

ブラック・ホーク・ダウン

 
  • 監督 リドリー・スコット
  • キャスト ジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー
  • 上映時間 145分
  • Yahoo!レビュー 3.9
本当にあった市街戦をもとに作られた戦争映画。
 
米軍やアメリカをよいしょしまくっているなど、様々な意見がある問題作ですが、戦争というものを知るには本作を見るのが手っ取り早いかとおもいます。
 
また、第二次世界大戦が終わってもなお、私達の知らないところでこのような悲しい現実が起きてるかとおもうだけで胸が苦しくなります。
 
ストーリーは簡単な任務だったのにもかかわらず、アメリカの戦闘機ブラックホークが追撃されたことによって、取りのこされた米軍達が生き残るために地獄をみながら必死に闘うというもの。
 
ほどよくグロくて悲しい。でも、戦争映画なのできちんとアクションもある。そして、勉強にもなる。
 
バランスのいいエンターテイメント作品に仕上がっています。
 
 
 

セブン

  • 監督 デヴィッド・フィンチャー
  • キャスト ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン
  • 上映時間 126分
  • Yahoo!レビュー 4.1

ブラット・ピットとモーガンフリーマンがタッグを組んだ、どんでん返し系サスペンス。

この2人のコンビは踊る大捜査線の青島(織田裕二)と和久さん(いかりや長助)のモデルともいわれており、1990年代に公開されたにもかかわらず、未だに世界各国に根強いファンを持つカルト作品です。
 
7つの大罪をモチーフにした殺人事件を調査する刑事2人の苦悩と恐怖を描いた作品で、ホラー映画と見間違うほどの暗い雰囲気が終始漂っており、ラストの展開には誰もがおったまげるはず。
 
サスペンスがすき!どんでん返し系がすき!という方に強くおすすします。(鑑賞前に予備知識を入れるのは絶対やめましょう。)
 
 
 
 

総括

 
今回は計30作品を紹介しました。
 
全ての作品がどれも自信をもっておすすめできる作品です。
 
また、面白い映画と出合った場合は随時更新していくつもりなので、お楽しみに。
 
 
 
 
 
 
 

-おすすめ 映画 まとめ