映画感想 アクション作品 映画感想 ミステリー作品

【ネタバレ感想】映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」熱い!痛い!エロい!

2018/03/21

                          

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画の数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&6万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》

【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

大好きなアリシア・ヴィキャンデルちゃんが主演ということで、一足先に試写会で鑑賞。

悪くはないですが心揺さぶるドラマ少なめで、既視感満載のアクションシーンが延々と続いていきます。

また、思ったよりもシリアスな展開が続くため、ポップコーン持ってワイワイしたかった人や女性は興ざめしたかもしれません。

ただ、アクションという点だけ見ればよく出来ていて、世のアクション大好き男子は十二分に満足できたはず。

アリシア・ヴィキャンデルの力んだ時の色気MAXボイスも最高でした。

ここでは、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラストの展開
  • ネタバレ感想

を紹介していきます。

 

 

ここからネタバレ全開になります。自己責任でお読みください。

 

 

映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」の作品概要

あらすじ

資産家で冒険家の父が残したミッションとして、世界を破滅に導く幻の秘宝を封印することになったトレジャーハンターのララ・クロフトは、次々と降りかかる危険な罠をかいくぐり、誰よりも早くその秘宝のもとへたどり着くため奮闘する。

引用:映画.com
 
 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 アメリカ合衆国
  • 公開年 2018年
  • 上映時間 122分
  • 配給 ワーナー・ブラザーズ映画
  • 監督 ローアル・ユートハウグ
  • キャスト アリシア・ヴィキャンデル/ドミニク・ウェスト/ウォルトン・ゴギンズ/ダニエル・ウー

監督は「THE WAVE ザ・ウェイブ」のローアル・ユートハウグ。

主演を務めるのは「リリーのすべて」や「エクス・マキナ」で知られるオスカー女優アリシア・ヴィキャンデル。

また、「パニッシャー:ウォーゾーン」のドミニク・ウェストや「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のニック・フロストも出演しています。

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点 B

 
 

映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」の主要登場人物

ララ・クロフト/アリシア・ヴィキャンデル

本作の主人公。

幼い頃に母を事故で亡くし、資産家で冒険家の父リチャードと暮らしていたが、彼が消えてしまったため一人寂しく暮らしていた。

ある日父親の隠し部屋で見つけたことで、彼の消息を探るために卑弥呼の墓が眠る孤島に辿り着く。

天真爛漫な性格で、運動神経が良くアーチェリーや格闘技、サイクリングを嗜んでいる。

最後は父と生き別れるもトリニティの陰謀を止めるために、父の意志を継いで冒険家となる。

 

リチャード・クロフト/ドニミク・ウェスト

ララの父親で、貴族であり冒険家。

邪馬台国を治めていた卑弥呼の墓に眠る秘密の力を調査するために、ララの幼少期に旅に出るが消息不明になる。

実は世界征服を企む謎の組織トリニティの陰謀を止めるために、卑弥呼の墓が眠る孤島で生きていたことが判明。

しかし、最後は卑弥呼の体にまとわり付いていた疫病に感染したため、ララと生き別れ、自爆して墓を破壊した。

 

マサイアス・ヴォーゲル/ウォルトン・ゴギンズ

謎の組織トリニティ雇われ、卑弥呼の墓の採掘に当たっていた人物。

7年間島に閉じ込められおり、卑弥呼の墓の秘密が記載された本を持つララを捕まえ、奴隷にしていく。

武装した兵士を部下につけており、恐怖政治で奴隷たちを従わせていた。

最後は卑弥呼の疫病に感染し、谷底に落ちて死ぬ。

 

映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」のラストまでの展開と結末

ラストまでの展開

物語の舞台はイギリス・ロンドン。

資産家で冒険家の父リチャードが消えてから7年、ララ・クロフトは格闘術で体を鍛えながら、バイク便で生計を立てていた。

ある日、リチャードの会社の幹部でララの世話係りのアナが彼女の前に現れ、リチャードが残した財産の相続を促してくる。

リチャードの死を受け止めることができなかったため、ララは財産の相続を拒否していたが、決心し、手続きをしに会社に向かうが、そこでリチャードの形見である日本製のからくり箱を発見する。

ララはその中にあったメモをヒントに、リチャードの隠し部屋を見つけ、そこで彼が邪馬台国・卑弥呼の墓を探る旅に出かけていたことを知る。

また、そこにビデオカメラが残されており、そこにはリチャードの遺言が映っていた。

卑弥呼の墓に眠る秘密の力を使って世界征服を企む、トリニティという組織に狙われないために、資料を燃やすよう、ビデオ内でララに伝えるリチャード。

しかし、ララは父の忠告を無視し、リチャードの消息を探す旅に出る。

ララは旅出に必要な船と船長を雇うために、リチャードの資料にあったルー・レンという船乗りを訪ね、台湾に向かう。

紆余曲折がありながらもお金を払ってルーを仲間にしたララは、リチャードの資料にあった暗号を解読し、卑弥呼の墓が眠る孤島を特定し、そこへ向かう。

しかし、そこは僻地で、しかも波が荒いため到着間際で船は半壊し、ララとルーは海に投げ出され、意識を失う。

目覚めるとララの前には見知らぬ男がおり、彼は自分をマサイアス・ヴォーゲルと名乗り、トリニティから指示され孤島で卑弥呼の謎を迫っていると告げる。

しかし、マサイアスは7年間も島から出られておらず、家族に会えてないことから気性が荒くなっており、武装した部下を連れて、奴隷たちに人権を無視した採掘を行わせていた。

また、リチャードの資料も全て盗られてしまい、ララとルーも奴隷にされてしまうが、ルーの勇敢な反撃によってララだけ逃げ出すことに成功する。

逃げ出したララは負傷するも、ジャングルでサバイバルを行っていく。

そしてある日、その孤島で死んだはずの父リチャードと再会する

実はリチャードは生きていて、マサイアス達に隠れてひとりで卑弥呼の墓を探していたのだ。

リチャードとララは久しぶりの再会を喜ぶが、ララは今の現状を打破するために、父の隠れ家にあった弓矢を使ってマサイアス達の元へ向かい、衛星電話を使って助けを呼びにいく。

また、そこでルーと再会するが、マサイアス達が気付き、全面戦争が始まるのであった。

 

結末

しかし、マサイアスは偵察にきていたリチャードを捕らえ人質にし、ララに卑弥呼の墓の謎解きを手伝うよう脅迫する。

ララはそれに従い、リチャードの資料や持ち前の記憶力を使って卑弥呼の墓の入り口を開け、洞窟内に入っていく。

ララ、リチャード、マサイアスとその部下達は恐ろしいトラップに何度もハマり、何人も死んでいくが、なんとか卑弥呼の墓までたどり着く。

墓を開けるとそこには腐敗した卑弥呼がおり、マサイアスの部下が触れた瞬間、その部下は謎の疫病にかかり、ゾンビのようになってしまう。

実は卑弥呼の墓の秘密の力は、謎の疫病のことで、マサイアスを雇ったトリニティはこの疫病を使って世界征服を企んでいたのだ。

しかし、ララとリチャードはそれを阻止するべく、スキをついてマサイアス達を倒していくが、その際にリチャードが疫病に感染。

リチャードは疫病の一部を持ったマサイアスを追いかけるよう、ララに告げ、自分は爆弾を使って墓ごと破壊すると提案する。

悲しむララだったが、二人は別れ、ララはマサイアスを倒すことに成功。

爆破が始まるもララは間一髪のところで抜け出し、ルーと共にイギリスへ帰るのであった。

帰国したララは正式に財産の相続を契約するが、そこで部下のアナとトリニティが繋がっていたことを知る。

そしてララはトリニティとアナの秘密を探るため、2丁拳銃を手にし、新たな冒険へと旅立つのであった。

 

 

【ネタバレ】映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」の感想

全体の感想

映画ポスター トゥームレイダー ファーストミッション US版 hi2 [並行輸入品]

よく言えば王道のアドベンチャー大作、悪く言えば既視感満載のハリウッド映画といった感じです。

「ナショナル・トレジャー」とトム・クルーズ主演で大コケした「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」を合わせたような作品であり、ポップな予告とは裏腹にシリアスな展開が続いていきます。

そこまで悪くなかったですが、新しい発見や感動はなかったですね。

内容は、消息不明となった貴族の父リチャード・クロフトが残した手がかりを元に、主人公のララ・クロフトが邪馬台国の女王・卑弥呼の謎を解くといったものになっています。

アンジェリーナ・ジョリー版とは違って、本作ではララ・クロフトが冒険家に目覚めるまでの過程を描いており、彼女のバックボーンを詳しくしることができます。

ただ、120分間超という長尺の中で、アクションシーンが目白押し、というか9割方アクションで構成されています。

序盤のロードバイクを使って街中を疾走したり、台湾名物の水上住宅・屋台を駆け回るシーンは疾走感があり、前半は多くのアクション好きが心を掴まれたことでしょう。

しかし、後半からは既視感満載のアクションアドベンチャーが続き、しかも思った以上に残虐なシーンやシリアスな展開が多いので、「これじゃない感」が増幅していきます。

もっと、こう「ナショナル・トレジャー」のような老若男女が映画館に集まって、ワイワイ楽しむ映画かと思っていたんですけど、そうでもないんですよね。

この手の作品に欲しいラブロマンス要素やユーモアのあるセリフや展開が少ないので、どうも乗り切れない。

アクションシーンは申し分なかったんですけど、どうせなら父親との関係性以外にも、もう少し心を揺さぶるドラマが欲しかったです。

 

アリシア・ヴィキャンデルのエロさ爆発

★直筆サイン★アリシア ヴィカンダー★Alicia Vikander ●トゥームレイダー ファーストミッション (2017) ●光をくれた人 (2016) ●ジェイソンボーン (2016) ●二ツ星の料理人 (2015) ●エクスマキナ (2015) ●リリーのすべて (2015) ●コードネーム U.N.C.L.E. (2015) ●戦場からのラブレター (2014) ●フィフスエステート 世界から狙われた男 (2013) ●ホテルセラピー (2013) ●ガンズ&ゴールド (2013) ●ロイヤルアフェア 愛と欲望の王宮 (2012) ●アンナカレーニナ (2012)

監督が変態なのか、ぼくの連想力が酷いのかはわかりませんが、アリシア・ヴィキャンデルの仕草や言動が性を連想させるものばかりで草が生えました。

というのも、怒声や叫び声がどう考えても喘ぎ声なんですよね。

  • ジャンプする時にアンアン
  • 怪我の治療するときもアンアン
  • もはや何でもないシーンでもアンアン

冒険家というと、もっと女性でも野太い声で「シット!」とか言うもんだと思うんですけど、アリシア・ヴィキャンデルが華奢すぎて、力んだ時の声が色気マックスで、エロかったです。

いやぁー、これをわかってくれる人とお酒を飲み交わしたいくらい。

また、常にタンクトップなので、脇や谷間、首筋をずっと拝むことができます。

映画ポスター トゥームレイダー ファーストミッション US版 hi4 [並行輸入品]

これはもう、ぼくのようなアリシア・ヴィキャンデルファンからしたらたまらないもので、仏さんを見るように拝んでました。

前にいたサラリーマンのおっさんがニヤニヤしていたので少し引いてたんですけど、でも気持ちはわかるし、ぼくも側からみたらニヤニヤしていたと思います。

それくらい、サービスショットが素晴らしいので、一種のグラビア鑑賞会になっていたのはここだけのお話。

 

【後悔したこと】 ゲームやっとけばよかった

実は本作の原作はアンジェリーナ・ジョリー版ではなく、1996年から続くゲームシリーズが元となっています。

本作はとくに2013年から指導した、若き日のララ・クラフトを描く「トゥームレイダー」と「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」の影響をかなり受けています。

映画を鑑賞した方はこのゲーム動画を見て、何度も「アッ!」と思うはず。

かなり原作ゲームをリスペクトしているのが伺えます。

これはもう漫画原作の実写映画と一緒で、本作は原作を知っていればしっているほど感動できる作品だったみたいですね。

ぼくは一回もゲームをプレイしたことがなかったので、正直後悔しています。

てか、「トゥームレイダーのゲームなんて周りでやってる奴いねーよ!」と思ったんですが、発売元はスクウェア・エニックスだし、ゲーム実況動画もあったので、ぼくの勉強不足だったみたいです。

次こそは…。

 

ラストシーンが意味するもの

引用:youtube

本作のラストでは主人公のララ・クラフトが2丁拳銃を片手に持ち、物語は幕を閉じました。

お笑い芸人のキンタロウがモノマネしているように、オリジナル映画・ゲームでも、ララ・クロフトのシンボルといえば、タンクトップに短パン、2丁拳銃になります。

実は先ほど紹介した原作ゲーム内でも、2丁拳銃は使えないという設定になっているとのこと。

原作ゲームも本作も冒険家として半人前のララ・クロフトを描きたかったがために、彼女のシンボルの2丁拳銃が出てこなかったと考察できます。

また、ラストでは謎の組織「トリニティ」との関係や、ララのお世話係で会社の幹部のアナが登場しますが、こちらも原作ゲームに登場します。

引用:youtube

アナは原作同様、トリニティのスパイとして登場し、しかもララの父親リチャードを殺したという設定になっています。

続編では彼女との対決やトリニティの伏線が回収されるでしょう。

続編では、アンジェリーナ・ジョリー版同様、2丁拳銃片手に暴れまわるアリシア・ヴィキャンデルの活躍を堪能できそうです。

 

U-NEXT!31日間無料!前作「トゥームレイダーシリーズ」と60,000本の動画が無料見放題!

U-NEXTの特徴】

 

「60.000本の映画、海外ドラマ、アニメが無料見放題

 

DVDレンタルの開始日と同じ、もしくは前に新作映画の配信がスタート

 

ダウンロード機能あり(速度制限にかからない)

 

スマホ、タブレット、PC、テレビで視聴できる

 

4,000本の「アダルト動画が無料見放題

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すれば、前作「トゥームレイダーシリーズ」を無料見放題で視聴することができます。

しかも、今なら入会時に600ポイントが贈呈されるので、2017年に公開された新作映画の一部を無料で鑑賞することができます。

レンタルビデオ屋のように延滞料金や在庫を気にせず、電車やカフェなど好きな場所で映画を楽しめるサービスです。

登録は2分ほどで済みます。

無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

「登録の仕方がわからない!」

「U-NEXTをもっと詳しく知りたい!」

という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

おすすめ記事!】

-映画感想 アクション作品, 映画感想 ミステリー作品