映画感想 アクション作品

【ネタバレ感想】「イコライザー2」スケールアップして帰ってきた待望の続編!

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&8万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

おじさん&筋肉ムキムキの若者たちに囲まれむさ苦しい中、「イコライザー2」を鑑賞してきました。

前作よりも突っ込みどころは少なく、尚且つラストの展開もスケールアップしていたので満足できましたね。

ぼくはデンゼル・ワシントン目当てで鑑賞したのですが、本作の彼はいつも以上にデンゼル・ワシントンで、彼のハードボイルイズムに多くの男性が痺れたはず。

是非、三作目も制作して欲しいです。

この記事では、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ネタバレ感想
  • ラストの展開

を紹介していきます。

ここからネタバレ全開になります。自己責任でお読みください。

 

【ネタバレ】映画「イコライザー2」作品概要

あらすじ

昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコールの戦いを描く。

現在の表の職業として、日中はタクシー運転手として働いているマッコールだったが、CIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始したマッコールは、スーザンが死の直前まで手がけていた任務の真相に近づいていくが、やがてマッコール自身にも危険が迫る。

そして、その手口から相手はマッコールと同じ特殊訓練を受けていることが判明。同時に身内であるはずのCIAの関与も明らかになっていく。マッコール役のワシントンは、自身のキャリアで初の続編への出演となった。

引用:映画.com

 
 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 アメリカ合衆国
  • 公開年 2018年
  • 上映時間 121分
  • 配給 ソニー・ピクチャーズ
  • 監督 アントワーヌ・フークア
  • キャスト デンゼル・ワシントン/ペドロ・パスカル/メリッサ・レオ/アシュトン・サンダース

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!
採点: B
 

【ネタバレ】「イコライザー2」の主要登場人物

ロバート・マッコール/デンゼル・ワシントン

本作の主人公。

表の顔はUberのドライバーだが、裏の顔は弱気を助け強気をくじくイコライザー。

CIA時代の同僚・スーザンを何者かに殺され、仇を討つために行動していく。

最後は黒幕のデイブを倒すことに成功した。

デイブ・ヨーク/ペドロ・パスカル

CIAの諜報員で、マッコールの元同僚

上司のスーザンを殺した犯人を捕まえるために、マッコールと協力して捜査するが、実は彼が今回の事件の黒幕。

CIA以外にも裏稼業で殺し屋の仕事を請け負っており、スーザンがデイブの正体を知ることになりそうだったので、殺した。

最後はマッコールに惨殺される。

【ネタバレ】「イコライザー2」の感想

全体の感想


引用:映画.com

前作よりも重厚で残虐で、それでいて宗教的メッセージが強い作品で、解釈しづらい部分もありましたが、ぼくは前作よりも満足できましたね。

「弱きを助け、強気をくじく!」

本作のデンゼル・ワシントンは、いつも以上に最高に漢でした。

物語の前半で、デンゼル・ワシントン演じる主人公ロバート・マッコールの人となりを丁寧に描き、後半でファン待望のイコライザーVSイコライザーを描いています。

前半はUberのドライバーとして生計を立てている現在のマッコールの生活を軸に、彼の人間性を丁寧に描いており、前作を知らない人を配慮した親切な脚本だなと実感しつつ、前作を知っている人からしたらかったるい作りになっていました。

また、夜回り先生並みに出会ったばかりの近所の非行少年の更生にサラッと手を貸すサイドストーリーなど、ほとんどの観客がマッコールの人間性に惚れ込んだかと思います。

デンゼル・ワシントンの場合、善人の役であればあるほど、その役が彼にピタッとフィットするのが不思議で、全然いやらしくない。

むしろ「デンゼル・ワシントンが悪役なら見ない!」なんて、ぼくみたいなわがままファンもいて、本作は彼のファンであればあるほど、楽しめる作品なんですよね。

ストーリーは所々寄り道するし、それに付随して宗教的な解釈で少し頭を悩ませる部分もありますが、それがあるからこそB級アクション映画にならないで済んでいるので、それはそれでありかと。

アクションシーンはやっぱり申し分なし

アクションは申し分なしでしたね。

これはもう、シリーズファンなら周知のことで、今作でもデンゼル・ワシントンが刺して刺して殴って撃ってとやりたい放題。

あまり浸透はしてないけど、一応19秒で殺すお決まりの設定も復活し、オープニングからアクセル全開のアクションには大変満足できましたね。

個人的にはこのシーンとかかなりお気に入り。

女性をおもちゃにする男を決して許さないマッコールの怒りの鉄槌はお見事でした。

もう、悪役が可哀想になってきちゃう残虐でスタイリッシュなのがまたいいんですよね。

デンゼル・ワシントン作品とジェイソン・ステイサム作品の悪役には毎回同情してしまいます…..。

強すぎるのも困ったもんです。

前作よりもグレードアップしたラストシーン

さて、イコライザーVSイコライザーと宣伝しておきながら、実はこの胸熱な戦いが見られるのはラストシーンだけなんですよね……(笑)

ぼく的には、ボーン・アイデンティティーのように、CIAから刺客が送られてきて、マッコールが一人一人倒していくのかと思ったんですけど、実際は後半の30分だけ。

それでも、前作「イコライザー」のツッコミどころが多いラストと比べると、まだ納得できる展開で、マッコールVSイコライザー4人が、嵐のが吹き荒れる街でサバゲーを彷彿させる銃撃戦を繰り広げていきます。

別に嵐が止んでからでも良くねというツッコミはご法度で、これまた敵が可哀想になってくるくらい、マッコールが暴走。

悪役のボスが惨殺されるシーンでは、悪役に同情してしまった人も少なくないでしょう。

本当に酷いけど、男の性としてこういう残虐な映画をついつい求めてしまうし、作り手もそれをわかって作っているので、結果満足できました。

いつまでたってもデンゼルワシントンはかっこいい

それにしてもデンゼル・ワシントンって本当にカッコいいですよね。

黒人俳優というと三枚目やコメディスターとして活躍する中で、彼は常に2枚目でハードボイルドな役に挑戦し続けていて、本当に漢として敬意を称したくなります。

本作はもちろん、「マグニフィセント・セブン」「ザ・ウォーカー」「マイ・ボディガード」など、彼が弱き人のために全力で巨悪に立ち向かっていく映画には、毎回スカッとさせられるし、本当に満足度が高いんですよね。

デンゼル・ワシントンがスクリーンに佇むだけで、何気ないシーンや何気ないセリフ1つ1つに心を動かされてしまうのは、きっとぼくだけではないと思うんですよ。

善人というかもはや救世主を演じさせてたら、彼のの右に出る俳優さんはいませんね。

本当にかっこいいし、フィクションとして、彼の演じるキャラには、毎回心の底から尊敬してしまいます。

デンゼル・ワシントンはぼくの永遠のムビースターです。

【ネタバレ】「イコライザー2」のラストの展開

前作の事件をきっかけに、元CIAの凄腕エージェント・ロバート・マッコールはホームセンターの店員を辞め、ドライバーとして静かに暮らしていた。

ある日、マッコールが自分の住むアパートの落書きをペンキで消していたところ、マイルズという青年と知り合い、彼と親睦を深めていく。

しかし、マイルズは悪い仲間に騙され、危うく犯罪を犯しそうになるが、マッコールがそれを助け、それ以降、マイルズはマッコールを師事し、彼のペンキの手助けをしていく。

その頃、ドイツのブリュッセルで起きた夫婦惨殺事件を捜査してCIAのスーザンが、現地で何者かに殺される。

CIA時代からスーザンと親睦を深めていたマッコールは怒り、犯人を殺すために、CIA時代の同僚デイブの力を借りて犯人を割り出していく。

捜査を進めていったところ、スーザンを殺したのがプロの仕業であるとわかったマッコールだったが、ある日何者かに襲われてしまう。

返り討ちに成功するマッコールだったが、スーザンの携帯からスーザンの部下でマッコールの元同僚デイブとその仲間達が犯人だと割り出す。

実はデイブはマッコールが妻を亡くしてCIAを引退した後、仲間達とCIAの裏稼業として、殺し屋の仕事を請け負い、大金を稼いでいたのだ。

マッコールはスーザンの仇を討つためにデイブ達に戦線布告し、決戦の火蓋が切られる。

まず、先に動いたのはデイブ達で、彼らはマッコールの家に忍び込み、不在だったマッコールの代わりに、マッコールの家のペンキ作業をしていたマイルズを人質として拉致する。

そして、デイブはマッコールの居場所が元妻との思い出の地である海の街あると推理し、そこに向かう。

しかし、その街は嵐の影響で雨と風が吹き荒れており、最悪のコンディションの中で、マッコールとデイブ達は死闘を繰り広げいく。

マッコールは一人ずつ殺していき、最後に残ったデイブを追い詰めも、マイルズを人質にとられてしまい、中々殺すことができないでいた。

しかし、マッコールはスキをついてマイルズを助け、そしてデイブを完全に追い詰め惨殺する。

こうして、スーザンの仇を討ったマッコールは、婚約指輪わ手にはめ、静かに海を見つめるのであった。

U-NEXT!31日間無料!前作「イコライザー2」と8万本の動画を無料配信中

U-NEXTの特徴】

 

「80.000本の映画、海外ドラマ、アニメが無料見放題

 

DVDレンタルの開始日と同じ、もしくは前に新作映画の配信がスタート

 

ダウンロード機能あり(速度制限にかからない)

 

スマホ、タブレット、PC、テレビで視聴できる

 

4,000の「アダルト動画が無料見放題

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すれば、前作「イコライザー」を無料で楽しむことができます。

本来なら有料ですが、今なら入会時に600ポイントが贈呈されるので、無料で鑑賞することができます。

レンタルビデオ屋のように延滞料金や在庫を気にせず、電車やカフェなど好きな場所で映画を楽しめるサービスです。

登録は2分ほどで済みます。

無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

31日間無料!
U-NEXTの詳細はこちら

【U-NEXTとは!?】メリット・デメリット・評判

 

 

おすすめ記事!】