映画感想 ミュージカル作品

【ネタバレ感想】「アリー/スター誕生」レディー・ガガの歌声と乳首しか印象に残らない映画

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&9万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

レデイー・ガガ主演のミュージカル映画ということで鑑賞してきましたが、中身は10~20代の女子向けキラキラ恋愛映画でした。

成人男性からしたら、見ていて恥ずかしくなるような甘い恋愛シーンの応酬で、変な汗を何度もかきました。

映画的にも面白いかといったら、そうでもなく、少女漫画が好きな夢見がち女子以外は楽しめない映画となっています。

タイトル通り、印象に残ったのはレディー・ガガの歌声と一瞬だけ映った儚げな乳首だけでしたね。

この記事では、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラストの展開
  • ネタバレ感想

を紹介していきます。

ここからネタバレ全開になります。自己責任でお読みください。

 

「U-NEXT」約150本のミュージカル映画が無料見放題!

「31日間無料!U-NEXTの公式サイトはこちら

【ネタバレ感想】「アリー/スター誕生」の作品概要

あらすじ

1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を、新たにブラッドリー・クーパー監督&レディー・ガガ主演で描く。

音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリーは、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。

そんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んでいくが……。

引用:映画.com 

 
 

キャスト・スタッフ紹介

  • 公開年:2018年
  • 製作国:アメリカ
  • 上映時間:136分
  • 配給:ワーナー・ブラザーズ
  • 監督:ブラッドリー・クーパー
  • 脚本:ウィル・フェッターズ 
  • キャスト:レディー・ガガ/ブラッドリー・クーパー/サム・エリオット/アンソニー・ラモス

監督は本作にもキーパーソンとして出演しており、「ハングオーバー!」シリーズでお馴染みのブラッドリー・クーパー。

また、主演を演じるのは平成の歌姫ことレディー・ガガ。

彼女は本作が映画初主演となります。

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点:C

【ネタバレ感想】「アリー/スター誕生」の登場人物紹介

アリー/レディー・ガガ

本作の主人公。

ウェイトレスをしながらバーでシンガーをしていたが、ある日売れっ子カントリーシンガー・ジャクソンと出会い、彼に見出だされスターダムにのし上がっていく。

そして遂にはグラミー賞で新人賞を獲得する。

アルコール中毒のジャクソンを最後までサポートするが、彼女の想いも虚しく、ジャクソンは自殺してしまう。

最後は、ジャクソンが生前最後に作ったラブソングを力強く歌うのであった。

ジャクソン・メイン/ブラッドリー・クーパー

売れっ子のカントリーシンガー。

生まれた同時に母を失い、また父も13歳の頃に亡くなっており、現在は兄のボビーのサポートを受け、歌手活動をしている。

幼い頃から片方の耳が難聴で、片方の耳の聴力も下がっていた。

また、元々の繊細な性格もあり、アルコールとドラッグに溺れていく。

アリーと出会い、公私ともに彼女と幸せな生活を送っていたが、様々なトラブルが重なり、最後は弱い自分に打ち勝つことができず自殺してします。

【ネタバレ感想】「アリー/スター誕生」のラストの展開

主人公のアリーはウェイトレスをしながらバーで歌手として活動していた。

そんなある日、お店に全米で名を馳せているカントリー歌手のジャクソン・メインが現れる。

ジャクソンはそこでたまたま歌っていたアリーの歌声に惹かれ、そこで彼女に猛アプローチをかけていく。

最初は戸惑うアリーだったが、ジャクソンは彼女が抱いている「歌手として売れたいけど自分の容姿では無理」という葛藤を紐解いていき、必死にアリーを勇気づけていく。

更に、ジャクソンはアリーには作詞作曲能力もあることに気付き、アリーを自分のコンサートに招待し、彼女をステージに上げ、アリーが作った客でデュエットまで披露してしまうのであった。

こうしてアリーは歌手として自信を付けていき、ジャクソンと公私ともに結ばれていく。

そして、ジャクソンと共に全米を周り、様々なコンサートで素晴らしいデュエットを披露していくのであった。

そうこうしていると、ついにアリーにメジャーデビューの話が舞い込むようになり、アリーはポップ歌手として順調にキャリアを積み重ねていくようになる。

しかし、この頃からジャクソンはどんどん遠くなっていくアリーや自身の兄弟の確執が重なり、徐々にアルコールに逃げるようになる。

また、アリーとの喧嘩も絶えなくなり、また自身の生まれつきの難聴によって歌手生命さえ怪しなったジャクソンは仕事もサボりがちになる。

そして、更にジャクソンはアルコールとドラッグに溺れていき、しまいにはアリーのグラミー賞授賞式のステージで失禁&失神をしてしまう。

罪悪感に苛まされたジャクソンは、更生施設に入り、一時はお酒とドラッグを絶ってアリーと静かに暮らしていく。

しかし、アリーのマネージャーから「あなたの存在がアリーのキャリアの邪魔になる」と言われてしまい、繊細なジャクソンは再度心を病んでいく。

そして、ジャクソンはアリーのコンサート中に、静かに車庫で首をつって、自ら命を絶ってしまう。

数日後、アリーはジャクソンの追悼コンサートで、彼が生前最後に作ったラブソングを力強く歌うのであった。

「U-NEXT」約150本のミュージカル映画が無料見放題!

「31日間無料!U-NEXTの公式サイトはこちら

【ネタバレ感想】「アリー/スター誕生」の感想

全体の感想

ポスター/スチール写真 A4 パターン10 アリー/スター誕生 光沢プリント

10~20代の女子向けの作品で、「早く私の目の前にも白馬の王子さまが現れないかなぁ~!」と常に脳内お花畑の女子以外にはオススメできない中途半端な作品でした。

てか、ぼくはてっきりレディー・ガガの伝記映画かと思っていたんですけど、彼女とは全く関係ない作品で拍子抜け。

「おい、リリコ!紛らわしい宣伝すんな!」

と憤慨しました。

物語は天性の歌声を持ちながらも、自分の容姿に自信が持てずにくすぶっていたシンガーが、売れっ子イケメンシンガーに見出され、スターにのし上がっていくというもの。

一応ミュージカル映画という名目になっていまくが、実際はただの恋愛映画です。しかも、若い女子向けの。

そこに無理やり音楽要素を取ってつけたような映画で、べつに無理やり「スター誕生」をリメイクする必要もなかったのではと思いました。

成人男性からしたら恥ずかしくなってくるむず痒い演出と甘いシーンの応酬で、正直きつかった…!

それと無駄にレディー・ガガの濡れ場シーンが多く、「誰得?」と首をかしげる場面も何度かありました。

更に、不自然なカットが多くて、映画作品としても納得のいかない部分が多いんですよね。

劇中でのブラッドリー・クーパーのナイススマイルは良かったんですけど、今となってはあのスマイルに腹が立ちます。

本作は当初、クリント・イーストウッドが監督を担当するつもりだったらしいんですけど、最後まで彼に任せておくべきでしたね。

てか、レディ・ガガとブラッドリー・クーパーって過去にゴシップされてませんでしたっけ?

これってもうブラッドリー・クーパーが職権を乱用してレディ・ガガとイチャイチャしたかっただけでは…。

感動できないし響くものがない!歌が何ともいえない

それと、ミュージカル映画と宣伝しておきながら、とにかく歌が微妙。

聞いたことない曲ばかりで、しかもこう耳に残らない歌ばっかなんですよね。

普通、ミュージカル映画を観に行ったら。あそこのシーンのあの曲が良かったなとかなるじゃないですか?

なんか、無意識にYouTube開いてサントラ聞いちゃうじゃないですか?

本作にはそれが無くて、なんかこうどの曲も胸に響かないし、感動できない。

唯一「シャロウ」って曲は良かったけど、あれもレディー・ガガの歌唱力に助けられる感がありましたからね。

 

同じミュージカル映画なら、ロングヒットしている「ボヘミアン・ラプソディ」の方が何十倍も最高だし、感動できますよ。

【まさかの乳首到来! 】レディガガは頑張ってたよ

アリー/スター誕生 サウンドトラック

それでも、映画初主演のレディ・ガガは頑張っていたと思うし、やっぱり歌声は思わず聞き入ってしまいましたね。

レディ・ガガのファンが怖いから擁護しているわけではなくて、本当に彼女の歌声はキレッキレだったし、彼女のファンなら高評価を出せるんじゃないですか。

てかもう、本作自体がレディー・ガガのファンに向けたファンサービス映画だと思うんですよね。

歌唱シーンは満載だし、なんならよく脱いでくれるし、しまいにはチラッと乳首まで見してくれますからね。

とんでもないファンサービスですよ。

どうせなら、その勢いのままレディー・ガガの曲も歌ってほしかったですね。

それなら、この映画の評価もグッと上がりました。

約150本のミュージカル映画が無料見放題!31日間無料のU-NEXTで洋画を楽しもう!

 

【U-NEXTの特徴】

 

「80,000本」の映画、海外ドラマ、アニメが無料見放題

 

DVDレンタルの開始日と同じ、もしくは前に新作映画の配信がスタート

 

ダウンロード機能あり(速度制限にかからない)

 

スマホ、タブレット、PC、テレビで視聴できる

5,000の「アダルト動画」が無料見放題

「U-NEXT」に登録すれば、約150本のミュージカル映画を無料で楽しむことができます。

「配信中の映画はこちら」

しかも、今なら入会時に600ポイントが贈呈されるので、2018年に公開された新作映画も無料で鑑賞することができます。

レンタルビデオ屋のように延滞料金や在庫を気にせず、電車やカフェなど好きな場所で映画を楽しめるサービスです。

「U-NEXT」の登録は2分ほどで済みます。

無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

31日間無料!
U-NEXTの公式サイトはこちら

【U-NEXTとは!?】メリット・デメリット・評判