映画感想 サスペンス作品 映画感想 ドラマ作品 映画感想 戦争作品

【ネタバレ感想】映画「ビガイルド 欲望のめざめ」嫉妬祭り!女性の醜さを巧みに描いた良作!

2018/03/13

                          

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&8万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

 

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

ダークな雰囲気を醸しつつも、中身はユーモアのある女の恋愛バトルで、結構笑いどころが多いです。

また、監督が女性ということもあり、女同士の男の取り合いが生々しく描かれており、男では描けない女性の醜さを巧みに捉えた細かな演出がいくつもあって、見応え十分。

ただ、後半になると予告通りの重厚なミステリーに変貌し、ラストも中々恐ろしいものになっていました。

個人的にはエル・ファニングの魔性ぶりに笑いが止まりませんでしたね。

この記事では、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラストの展開
  • ネタバレ感想

を紹介していきます。

 

ここからネタバレ全開になります。自己責任でお読みください。

 

 

「ビガイルド 欲望のめざめ」作品概要

あらすじ

南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。

引用:映画.com

 
 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 アメリカ合衆国
  • 公開年 2018年
  • 上映時間 93分
  • 配給 アスミック・エース
  • 監督 ソフィア・コッポラ
  • 脚本 ソフィア・コッポラ
  • 映倫区分  PG12
  • キャスト コリン・ファレル/ニコール・キッドマン/キルスティン・ダンスト/エル・ファニング/アンガー・リー・ライス

監督は「ロスト・イン・トランスレーション」や「マリー・アントワネット」で知られるソフィア・コッポラ。

「トータルリコール」のコリン・ファレル、「奥さまは魔女」のニコール・キッドマンが出演。

また、「スパイダーマン」シリーズでヒロインを演じた、キリスティン・ダンストや「ネオン・デーモン」のエル・ファニングなど、豪華なキャストが参加しています。

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点 B

 
 

「ビガイルド 欲望のめざめ」の主要登場人物

ミス・マーサ/ニコール・キッドマン

寄宿学園の園長。

キリストの信仰心が強く、思ったことをズバズバいうまっすぐな女性だが、根は優しい。

負傷したジョンを介抱しつつも最初は彼を警戒していたが、徐々に惹かれていき、ジョンを一時的に匿まっていく。

しかし、ジョンの恐ろしい一面を見たことで態度が急変し、最後は毒キノコで彼を殺す計画を立てる。

 

マクバニー伍長/コリン・ファレル

北部軍の脱走兵。

傭兵として雇われたが南北戦争に嫌気がさし脱走。

寄宿学園に運び込まれ、手厚い手当てを受ける。

無類の女すぎで、寄宿学園の女性たちを口説いていくが、それが仇となり実験が勃発。

最後は毒キノコ入りの料理を食べ、息絶える。

 

エドウィナ/キルスティン・ダンスト

寄宿学園の教師。

園長のマーサ同様信仰心が強く、心優しくて純粋な性格の持ち主。

自分の容姿や生き方を肯定してくれるジョンに惚れ、最後まで彼に寄り添う。

しかし、最後は自分抜きで計画された殺人によってジョンを失う。

 

アリシア/エル・ファニング

寄宿学園の生徒。

教師や他の生徒と違って信仰心は全くなく、擦れた性格をしている。

無類の男好きで、ジョンに積極的にアプローチしていく。

しかし、自分とジョンの肉体関係がバレそうになった際は、彼を裏切る。

 

「ビガイルド 欲望のめざめ」のラストの展開

舞台は南北戦争が激化していた1860年代のアメリカ南部。

北部軍のマクバニー伍長(通称ジョン)は戦争で負傷し、女性だけが住む寄宿学園に流れ着く。

この寄宿学園は、園長のマーサが仕切っており、教師のエドウィナ、そしてアリシアを中心とした女子生徒で構成されていた。

最初は敵兵の男性に戸惑う学園の女性たちだったが、信仰心の強い園長のマーサや教師のエドウィナは手厚く介抱していく。

また、他の女子生徒たちもジョンの紳士的でユーモアな性格を気に入り、徐々に彼を受け入れていれ、傷が癒えるまでジョンを匿うことに。

しかし、ジョンは無類の女好きで、様々な女性にアプローチをかけていく。

また、女子生徒も色男で話し上手のジョンに惹かれていき、戦時中ということで抑制されていた欲望が徐々にむき出しになっていく。

そして、ついに事件が起きてしまう。

ジョンは教師のエドウィナに好意を寄せておきながら、あろうことか女子生徒のアリシアに手を出しおり、ジョンを本気で愛していたエドウィナは嫉妬に狂い、彼を階段から突き落とす。

その際、ジョンの片足の骨が砕けてしまい、医療制度が整っていない学園では処置ができず、マーサは出血多量による死を防ぐため、ジョンの足を切断する。

しかし、ジョンは命を助けてもらいながらも、自分の足を切断した女性たちを憎み、拳銃を持って暴走していく。

しかし、エドウィナだけは罪悪感と彼への愛から、暴れるジョンをなだめ、献身的に寄り添っていく。

一度は和解するジョンと女性たちだっが、エドウィナ以外のメンバーはジョンの凶暴で支配的な一面を危惧し、彼の料理に毒キノコを混ぜて殺すことをエドウィナ抜きで計画。

そんなことも知らずにジョンは毒キノコを食べてしまい、息を引き取ってしまう。

他の女性たちが安堵する中、エドウィナだけは唇を噛み締め、愛した男性の死を静かに哀しむのであった。

 

 

【ネタバレ】「ビガイルド 欲望のめざめ」の感想

【全体の感想】ダークな昼ドラ!

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ 光沢プリント

男性と女性によって、感想がガラリと変わる作品かなと感じました。

女性の恋愛に対する情熱と愚かさを見事表現できていて、「アホだけど、愛おしいなぁ」と男のぼくでも楽しむことができましたね。

物語の舞台は、アメリカの北部と南部が奴隷主権を巡って争っていた1860年代のアメリカ。

南北戦争で負傷した北部軍の兵士ジョンが、南部にある女性だけの寄宿学園(学生寮がついた学校)に流れつくところから始まります。

このジョンという兵士は北部者であり、寄宿学園にいる女性達からしたら敵兵なのですが、信仰心の強い園長のマーサや教師のエドウィナは慈悲を感じ、手厚く介抱していきます。

しかし、ジョンは女好きの色男、しかも戦時中で感情を抑制されていた女性たちは、ジョンに触れていくうちに恋愛の欲望を開放させ、ジョンを取り合っていきます。

このように、物語の前半は昼ドラのような、女のドロドロした男の取り合いを描いており、

「遠目から見つめて、目で好意を伝える者」

「晩酌に誘って距離を縮めていく者」

「夜中に部屋に侵入し、唐突に唇を奪うもの」

といったように、女性らしくバレるかバレないかのギリギリのラインでアプローチを仕掛けていくシーンは、ユーモアがあって思わずニヤニヤしてしまいます。

偏見ではありませんが、女性って好きな人ができると友情や常識を平気で裏切って、猪突猛進していくじゃないですか。

本作はそういった女性の醜さを巧みに表現できていて、恋愛経験が豊富な男女は思わずうんうんと頷いて共感したことでしょう。

他にも、園長のマーサがジョンのたくましい体をみて戸惑い興奮するシーンもあったりして、男性目線では語れない、女性の乙女心が細かく描かれていて、結構勉強になりました。

女性監督パティ・ジェンキンスの「ワンダーウーマン」の時も思ったのですが、女性監督は恋愛描写がとにかく繊細で、結構ドキッとさせられるんですよね。

ソフィア・コッポラ監督の細かな演出が光っていましたね。

 

怒涛の後半戦!女性は涙なしでは鑑賞できない!?

引用:twitter

しかし、物語の後半では一変し、生死を分けた男女の攻防へと変貌します。

女好きのジョンは学園内の様々な女性と関係を持とうとし、その結果、故意ではありませんが、嫉妬に狂った教師のエドウィナに階段から突き落とされてしまいます。

その際、ジョンの足は重症を負い、切断しないと出血多量で死んでしまうため、園長のマーサは彼の足を切断。

しかし、片足を切断されたジョンは怒り狂い、あろうことか学園を支配しようと、拳銃片手に暴れ回ります。

この際、エドウィナだけは罪悪感と愛情を感じ、彼に最後まで寄り添いますが、他の女性たちは男性の暴力に怯え、彼の食事に毒キノコをまぜ殺害。

こうして、物語の幕は閉じるのですが、男からしたら自業自得という感想しか抱けませんでした。

しかし、多くの女性がすすり泣いていたのを思うと、女性はエドウィナに感情移入していたのかもしれませんね。

確かにジョンは責任感のない傭兵だけど、色男で紳士で優しい、そして自分(エドウィナ)の容姿や人生観を褒め、肯定的な意見をくれる。

ジョンは遊びだったと思いますが、純粋なエドウィナは本気で彼のことを好きになったのでしょう。

しかし、仲間の共謀により愛する人は死に、しかも完全にジョンに非があるので、仲間を責めることもできない。

ラストのエドウィナの唇を噛み締めた哀しい表情はとても印象的で、そんなエドウィナの失意や葛藤、矛先のない怒りに多くの女性が感情移入したのでしょう。

やはり、映画というのは観る人によって感想がガラリと変わるもので、改めて映画の魅力に触れることができて、何だか嬉しかったです。

 

エル・ファニングが魔性過ぎて笑った!

引用:twitter

エル・ファニングが演じたアリシアというキャラクターが個人的にツボでした。

信仰心が強く、礼儀正しい生徒たちの中で唯一グレており、ジョンが学園に来てからは、猛アタックをしていきます。

目があったらやらしい目で見つめ返し、挙げ句の果てにはジョンの部屋に侵入し、寝ている彼にキスまでしてしまう始末。

しかも、他の女性がジョンに言い寄るものなら、真顔になって邪魔するなと脅す始末。

ステレオタイプの魔性の女ですが、エル・ファニングの細かな表情の変化が巧みで、かなり魅力的なキャラクターに仕上がっていました。

アリシアみたいなタイプの女性って、どこにでもいるじゃないですか。

ぼくの昔のバイト先でも、なりふり構わずイケメンに猛アタックする女性がいたんですけど、他の女子に嫌われ、孤立してもアタックを続けていましたからね。

結局、彼女はイケメンにフラれてしまい辞めてしまいましたが、この手のタイプは失恋しても傷つくことなく、ヤドカリのようにバイト先を変え、理想の男に出会うまでそれを繰り返すのでしょう。

皮肉抜きで、そのバイタリティは賞賛に値するもので、エル・ファニングの素顔がどうかは分かりませんが、そんな恐ろしい女性を演じきった彼女に拍手を送りたいと思います。

 

U-NEXT!31日間無料!ソフィア・コッポラ監督の名作5作品と60,000本の動画を無料配信中!

U-NEXTの特徴】

 

「60.000本の映画、海外ドラマ、アニメが無料見放題

 

DVDレンタルの開始日と同じ、もしくは前に新作映画の配信がスタート

 

ダウンロード機能あり(速度制限にかからない)

 

スマホ、タブレット、PC、テレビで視聴できる

 

4,000の「アダルト動画が無料見放題

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すれば、本作を手がけたソフィア・コッポラ監督作品、

  • マリー・アントワネット
  • ロスト・イン・トラスンスレーション
  • ヴァージン・スーサイズ
  • ブリングリング
  • SOMEWHERE

を無料見放題で楽しむことができます。

しかも、今なら入会時に600ポイントが贈呈されるので、2017年に公開された新作の一部を無料で鑑賞することができます。

レンタルビデオ屋のように延滞料金や在庫を気にせず、電車やカフェなど好きな場所で映画を楽しめるサービスです。

登録は2分ほどで済みます。

無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

「登録の仕方がわからない!」

「U-NEXTをもっと詳しく知りたい!」

という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

おすすめ記事!】

-映画感想 サスペンス作品, 映画感想 ドラマ作品, 映画感想 戦争作品