映画感想 アクション作品 映画感想 サスペンス作品 邦画

【ネタバレ感想】映画「孤狼の血」邦画に一石を投じた伝説になりうるヤクザ映画!

                          

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&8万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

 

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

「日本映画史を塗り替える」

そんな強気な予告をガンガン流していたので、斜に構えての鑑賞。

しかし、予想以上の面白さで、気づいたら涙を流し、そして最後まで興奮しっぱなしでした。

ベースは昭和の広島を舞台にしたコテコテのヤクザ映画でありながらも、そこにキュン死にしかける恋愛要素や友情活劇が盛り込まれていて、大変素晴らしかったです。

「アウトレイジに対する東映の答えですね。」

古舘さん、あんたいいこと言うなぁ。

この記事では、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラストの展開
  • ネタバレ感想

を紹介していきます。

 

ここからネタバレ全開になります。自己責任でお読みください。

 

 

【ネタバレ!】映画「孤狼の血」作品概要

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。

所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。

引用:映画.com

 
 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 日本
  • 公開年 2018年
  • 上映時間 126分
  • 配給 東映
  • 監督 白石和彌
  • 原作 柚木裕子
  • 脚本 池上純哉
  • キャスト 役所広司/松坂桃李/真木よう子/江口洋介/中村獅童/ピエール瀧/滝藤賢一/竹野内豊

監督は「日本で一番悪い奴ら」や「凶悪」で知られる白石和彌。

主演は日本を代表する大御所俳優・役所広司。

また、松坂桃李や江口洋介、真木よう子、竹野内豊、中村獅童など日本を代表する新旧の名優たちが集結しています。

 

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点 A

 
 
 

【ネタバレ!】映画「孤狼の血」の主要登場人物

映画「孤狼の血」 公式ビジュアルガイドブック (カドカワムック)

大上章吾/役所広司

刑事二課の主任。

極道を潰すためなら、恐喝、ワイロ、放火と何でもする極悪刑事。

警察上層部、ヤクザを手玉に取り法外な捜査をしていくが、それがすべて庶民のためであることが終盤で判明する。

日岡が自分の内偵を行う捜査官と知っておきながら、目にかけ指導していた。

最後は五十子会の逆鱗に触れ、海に沈められる。

小説版では、ヤクザに妻子を殺された設定になっている。

 

日岡秀一/松坂桃李

刑事二課の巡査。

県警本部から派遣された広島大学出のエリート刑事。

大上のパートーナーとして、ヤクザ撲滅のために捜査していくが、彼の行動に疑問を持つようになり、大上の違法捜査を上層部に報告していく。

しかし、終盤で大上の独自の正義感を知ったことで彼の意思を継ぎ、最後は広島のヤクザを一掃した。

 

一ノ瀬守孝/江口洋介

広島仁正会(五十子会・加古村組)と対立しているヤクザ組織・尾谷組みの若頭。

頑固で短気だが、時に合理的に行動するカリスマ性溢れる人物。

最後は五十子会会長・五十子を殺害した罪で逮捕される。

 

五十子正平/石橋蓮司

広島仁正会の傘下・五十子会の会長

一連の事件の黒幕であり、広島ヤクザ会の重鎮。

また、大上を死に追いやった張本人である。

広島の支配するために悪どい行為を重ねていくが、最後は一ノ瀬に殺される。

 

高木里佳子/真木よう子

クラブ「梨子」のママ。

ヤクザとも対等にやっていける臨機応変さと度胸を持つ。

14年前に夫の仇を討つため殺人を犯し、それを大上に隠蔽してもらったため、彼に大きな借りを持つ。

 

 

【ネタバレ!】映画「孤狼の血」のラストの展開

舞台は昭和63年の広島。

指定暴力団の広島仁正会・五十子会×加古村組と指定暴力団の尾谷組は、14年に渡る熾烈な抗争を続けており、全面戦争が行われる一歩手前まで来ていた。

ある日、加古村組みの若頭・野崎は部下を従えて、広島仁正会のフロント企業・呉原金融の会計係・上早稲を殺害。

それにより、広島県警の刑事ニ課の主任で、破天荒な捜査で有名な大上とその部下で県警本部から赴任したエリート新人巡査・日岡は捜査に乗り出す。

大上はワイロやコネを活用し、広島仁正会・五十子組みの会長五十子や尾谷組若頭・一ノ瀬を上手く手玉にとり、情報を集めていく。

ワイロ、恐喝、放火などやりたい放題の大上の捜査に、日岡は疑問視を持つようになるが、大上は加古村組みの野崎たちが上早稲を拉致している監視カメラを入手。

一気に捜査が加速するように思えたが、加古村組と尾谷組みの若衆が衝突。

他にも小さないざこざや発砲事件が重なり、一気に全面戦争に向けての緊張が走る。

大上は全面戦争を避けるために、五十子組会長の五十子や尾谷組み若頭・一ノ瀬を説得しようと試みるが、どちらも言う事を聞かず、お互いに抗争を仕掛けることしか考えていなかった。

一方、日岡は大上の法を無視した捜査に疑問を感じるようになり、独自に内偵を始め、それを検察官の嵯峨に逐一報告し、大上を辞職に追い込もうとしていた。

また、大上を調べていくうちに、14年前に殺人を犯した疑惑まで出てくるのであった。

その頃、大上は独自に捜査を続けていき、そこでとある真相を知ることになる。

加古村組みの野崎たちが経理の上早稲を殺害した理由は、上早稲から会社のお金をむしり取っていたのが、親元の広島仁正会にバレそうになり、口封じのために殺害したのだった。

大上は加古村組を一斉検挙するために、上早稲の遺体の捜査に乗り出し、無人島で遺体を発見する。

こうして、大上は加古村組みの検挙に成功したがに見えたが、日岡が嵯峨にリークした情報が新聞記者・高坂に流れ、高坂が広島県警の所長毛利にゆすりをかけたため、大上は事件の担当から外されてしまう。

尾谷組みと3日の猶予が過ぎ、広島仁正会と尾谷組みの激突が熾烈化してしまう。

大上は上層部に黙って病院に行き、五十子会長に会い、尾谷組の抗争から手を引くようにと頼み見込むが、無理難題を投げつけられ、困惑する。

そこで、大上は尾谷組みの若頭・一ノ瀬に同じように手を引くように頼むが、頑固な一ノ瀬も言うことを聞かずじまい。

こうして後が無くなった大上は、尾谷組みの組長・尾谷に会いにいくが、それでも解決策を得ることはなかった。

その晩、大上と日岡は今後の対策と、お互いの本音をぶちまける。そこで、日岡は大上が逃れないヤクザ世界で、孤独に生きている真意をしり、彼の異常な捜査に多少の理解を示すのであった。

しかし、その日を界に大上が行方不明になってしまう。

日岡は大上の行きつけのスナック梨子に出向き、そこでスナックのママの里佳子から大上に関する驚愕の事実をしる。

実は14年前、里佳子は自分の当時の夫を殺したヤクザを衝動的に殺してしまい、それを大上に隠蔽してもらっていたのだ。

また、同時に里佳子から大上の極秘捜査ファイルを受け取り、彼が警察上層部の弱みを握り、ヤクザも警察も手玉にとって、庶民のために捜査していたことをしる。

また、大上は日岡が自分のことを内偵しているスパイと知りながら気にかけ、彼を見守っていたことを知り、日岡は彼の優しさと哲学に涙を流す。

しかし、ここにきて大上が死んだことが判明する。

彼は加古村組みの上早稲殺しとの真相を知ってしまい、尚且つ積極的な捜査が仇となり、五十子の逆鱗に触れ殺されてしまったのだ。

日岡は絶望の淵に立たされるが、復讐を誓う。

まずは、大上が殺された養豚場に向かい、そこで大上の形見であるジッポを見つけ、大上を殺した罪で養豚場の善田を逮捕。

そして次に、日岡は尾谷組みの一ノ瀬に、広島仁正会(五十子組)の居場所をリークし、一ノ瀬に五十子組みの会長・五十子を殺害させ、同時に殺人の容疑で一ノ瀬を逮捕。

こうした日岡の頭脳プレーによって、広島の指定暴力団をすべて抹消することに成功したのであった。

後日、日岡は大上のお墓の前で手を合わせていた。

そして、彼の形見であるジッポを取り出し、タバコに火をつけるところで物語は幕を閉じる。

 

 

【ネタバレ】映画「孤狼の血」の感想

 

邦画に一石を投じた名作!全体の感想

映画「孤狼の血」オリジナル・サウンドトラック

いやぁー、面白かったです!

これだけ満足できた映画は久しぶりだし、ヤクザ映画の中だったら歴代No.1。

予告では「日本の映画映画史を塗り替える」と豪語していましたが、本当にその通りで、まだまだ邦画も終わっていないなと、明るい兆しが見えました。

大まかな内容は、広島を舞台にヤクザの抗争とそれを抑えるために奮闘するマル暴の熾烈な日々を描いたヤクザ映画となっています。

北野武も引くほどの残酷描写と血と血で争うヤクザの抗争がメインですが、その反面、キュン死にしかける恋愛要素や目頭が熱くなる友情活劇など、様々な要素がてんこ盛り。

様々な要素とキャラクターが入り乱れているにも関わらず、下手な中だるみもなく、綺麗にまとまっていたのは本当にエクセレントでしたね。

また、この時代に放送コードを無視したバイオレンス描写まみれのヤクザ映画を撮った白石監督に拍手を送りたいと思います。

やっぱ、自分の撮りたいもんを撮っている監督はかっこいいですね。

そして、伏線を見事回収し、大上から渡されたバトンであるジッポを日岡が受け継ぐあのラストカットは映画史に残るエクスタシーでした泣

 

映画史に残る100点満足のキャスティング!

引用:映画.com

よくあそこまでぴったりの配役を連れてきたなと、126分間ただ、ただキャスティングに関心していましたね。

ここでは、個人的に気に入ったキャストの感想を紹介していきます。

 

狂気と哀愁を兼ね備えた魅力満点の役所広司

引用:Youtube

いやぁー、大上を演じた役所広司の演技は脱帽するしかないですね。

三度目の殺人」でも感じましたが、憑依型の俳優である彼の凄みの効いた極悪キャラは最高でした。

太陽が照りつける真夏の広島で、嫌な汗をかき、睨みをきかせながらヤクザを手玉に取っていく「狂気」に、男性なら誰もが心を奪われたはず。

そんか見た目とは反して、独自の哲学で庶民と部下を守る姿勢には涙腺が崩壊しかけたし、部下の日岡の日報に添削を入れていたシーンでは、素で泣きました。

何と言っても、終盤で日岡と本音でぶつかり合う長回しのシーンも最高で、あそこで一瞬彼の弱さと哀愁を知れたからこそ、心の底から感情移入ができましたからね。

いやぁー、よかった。

 

全俺が惚れた江口洋介

引用:Youtube

ヤクザの若頭、一ノ瀬守孝を演じた江口洋介も良かったです。

ハリウッド映画を日本ドラマでリメイクした「逃亡者」や「るろうに剣心」から好きな俳優さんですが、本作でさらに株が上がりましたね。

いや、もうとにかく「カッコいい」んですよ。

ギラギラした目つきで登場したかと思えば、とんでもないカリスマ性で観客を圧倒し、しまいには日本刀を持って暴れまわる。

ヤクザ役が初めてとは思えないほど適役で、その溢れ出るカッコ良さに全俺が惚れました。

思った以上に出番は少なかったけど、あれ以上出演シーンが多かったら、確実に役所広司と松坂桃李を食っていましたね。

素晴らしかったです。

 

キャラクターアーク(成長)が美しかった松坂桃李

引用:Youtube

バディムービーにはありがちな、真面目な刑事を演じた松坂桃李。

脚本が秀逸というのもありますが、真面目な刑事だった彼が大上の意思を継いで、型破りな刑事に変化するプロセスが自然で美しく、彼の演技に惹かれました。

正直、最近は邦画も日本のドラマも全然チェックしていなかったので、「芸能界で右往左往しているよくいる若手俳優」くらいにしか思っていませんでしたが、全然そんな事なくて。

むしろ、丁度いい感じにイケメン若手俳優から演技派俳優にマイナーチェンジしていて、今後の活躍に期待が持てましたね。

彼の成長には何度も感情移入させられました。

 

純白のように輝き、甘酸っぱさを提供してくれた阿部純子

すべての男性客がヒロインの桃子を演じた阿部純子に惚れた事でしょう。

阿鼻叫喚な作風の中で、唯一箸休めとして登場し、甘酸っぱい恋愛要素を届けてくれた彼女の純情さは良かったです。

狙ったかどうかはわからないけど、ふとした寝巻き姿や小動物のような上目遣いに男性は弱いですからね(照)

真木よう子も良かったんですけど、今回は色気ではなく青春を優先して、彼女をお気に入りキャラにしました…!

 

細部までこだわり抜かれた昭和のローケーションや演出

引用:映画.com

ロケーションや演出が細部までこだわり抜かれていて、スッと物語に入っていくことができたのも高評価のポイント。

  • 天然記念物となったポケベル
  • ビールが堂々と売られている自販機
  • 昭和のドキュメンタリーのようなナレーション
  • 気合の入った角刈り
  • 右寄りの思想が強すぎだ昭和天皇のポスター
  • 唐突に流れる「二人のアイランド」

平成生まれだけど、どこかノスタルジーを感じたし演出や映像、ローケーションに遊び心があって、ぼくはそれだけでも楽しめましたね。

 

唯一の不満点

本当は100点満足は上げたいんですけど、唯一不満だったのはカメラワークですね。

ポルノ映画「牝猫たち」でも思ったんですけど、白石監督は抑揚をつけたいのか、アクションシーンや乱れるシーンになると、必要以上に画面を揺らすんですよね。

それこそ、上下左右にブンブンと。

それがぼくからしたら本当にダメで、あまりに酷いと酔ってしまうんですよね。

まあ、でも不満はそれくらいで、それ以外は何もかも完璧だったので、これ以上の不満はありません。

素晴らしい作品でした。

 
 
 

U-NEXT!31日間無料!役所広司の名作16本と60,000本の動画を無料配信中!

U-NEXTの特徴】

 

「60.000本の映画、海外ドラマ、アニメが無料見放題

 

DVDレンタルの開始日と同じ、もしくは前に新作映画の配信がスタート

 

ダウンロード機能あり(速度制限にかからない)

 

スマホ、タブレット、PC、テレビで視聴できる

 

4,000の「アダルト動画が無料見放題

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すれば、本作で主演を務めた役所広司の名作、

  • CURE
  • Shall we ダンス?
  • バベル
  • 日本のいちばん長い日
  • 失楽園

と言った名作16本を楽しむことができます。

一部の作品は有料ですが、今なら入会時に600ポイントが贈呈されるので、無料で鑑賞することができます。

レンタルビデオ屋のように延滞料金や在庫を気にせず、電車やカフェなど好きな場所で映画を楽しめるサービスです。

登録は2分ほどで済みます。

無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

「登録の仕方がわからない!」

「U-NEXTをもっと詳しく知りたい!」

という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

おすすめ記事!】

-映画感想 アクション作品, 映画感想 サスペンス作品, 邦画