マイペースナイト

映画(洋画)ネタ中心のエンタメブログ!!

映画感想 ドラマ作品

【ネタバレ感想】「ギフテッド(Gifted)」感動をありがとう!脚本が100点のヒューマンドラマ

2017/11/25

                          

 

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

久しぶりにボロボロ泣いてしまいました。

この手のヒューマンドラマが好きな人と、小さい子を持つ親御さんに強くおすすめします。

  • 脚本
  • キャスティング
  • 映像

がとにかく素晴らしく、主人公に感情移入しすぎて、フィクションの家族であるにも関わらず、本気で心配して泣いてしまいました。

クリス・エヴァンスの哀愁味溢れるパパの背中と、子役を演じたマッケンナ・グレイスの可愛さも素晴らしかったです。

ここでは、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラスト(途中)までの展開
  • ネタバレ感想
  • マーク・ウェブ作品をお得に見る方法

を紹介していきます。

 

物語の核心には迫っていませんが、ネタバレ箇所もあるので自己責任でお読みください。

 

「ギフテッド(Gifted)」の作品概要

あらすじ

生まれて間もなく母親を亡くした7歳のメアリーは、独身の叔父フランクとフロリダの小さな町でささやかながら幸せな毎日を送っていた。しかし、メアリーに天才的な特別な才能が明らかになることで、静かな日々が揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクのもとに、フランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すため2人を引き離そうと画策する。母の画策に抵抗を続けるフランクには、亡き姉から託されたある秘密があった。

引用:映画.com

 
 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 アメリカ合衆国
  • 公開年 2017年
  • 上映時間 101分
  • 配給 20世紀フォックス映画
  • 監督 監督 マーク・ウェブ
  • 脚本 トム・フリン
  • キャストクリス・エヴァンス/マッケンナ・グレイス/ジョニー・スレイト/リンゼイ・ダンカン/オクタヴィア・スペンサー

監督は「アメイジング・スパイダーマン」シリーズや「(500日)のサマー」で知られるマーク・ウェブ。

主演を演じるのは、キャプテン・アメリカことクリス・エヴァンス。

子役のメアリーを演じるのは、天才子役として知られるマッケンナ・グレイス。

また、「ドリーム」のオクタヴィア・スペンサーも出演しています。

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点 A

 
 

「ギフテッド(Gifted)」の主要登場人物

フランク/クリス・エヴァンス

メアリーの叔父。

数学の天才であったにも関わらず、突如自殺した姉ダイアンの子供メアリーを預かり、赤ん坊の頃から育ててきた。

元々はボストン大学で准教授をしていたが、メアリーを預かった際に辞職し、現在はフロリダでボートの修理業を営んでいる。

姉の自殺を止められなかったことに罪悪感を感じており、メアリーを一人前に育てるために奮闘していく。

 

メアリー/マッケンナ・グレイス

フランクの姪。

赤ん坊のころに母親のダイアンが自殺してしまったため、フランクに預けられる。

父親は生存しているが、育児放棄をしたため、一度も会ったことがない。

数学の天才と言われた母親の血を継いでおり、7歳ながらも高度な知能と計算力を持つ。

しかし、頭が良い分、精神年齢も高いため、ませた発言をして周囲の大人たちを困らせていく。

唯一、自分を育ててくれたフランクと近所の優しいおばさんロバートには懐いている。

 

イブリン/リンジー・ダンカン

フランクとダイアンの母親。

ケンブリッジ大卒のエリートで、何より自分の利益を優先する合理主義者。

人生をドロップアウトしたフランクのことを負け犬と思っており、フランク自身も嫌っている。

メアリーの才能を聞きつけ、数学の世界に引き込むために親権を申し出る。

しかし、フランクが断ったため、弁護士を雇って裁判まで起こしてしまう。

 

「ギフテッド(Gifted)」ラスト(途中)までの展開

フロリダでボートの修理業を営むフランクは、自殺した姉ダイアンの子供メアリーと片目の猫フレッド共に静かに暮らしていた。

メアリーは数学の天才と言われた母親の血を色濃く継いでおり、高度な知能と計算力を持っていた。

ある日、学校でメアリーが7歳では解けないような難問を解いたことで、担任のボニーが驚き校長に報告する。

一方、メアリーはいじめられっ子を守るために、いじめっ子を本で強打し怪我をさせてしまう。

フランクは校長から呼び出され、そこでメアリーをよりレベルの高い学校で学ばせることを提案される。

しかし、フランクは死んだ姉の意思を継いでおり、また姉のように数学に縛られた退屈な人生をメアリーには送ってほしくないため、要求を拒否する。

しかし、フランクの母でメアリーの祖母イブリンがその話を聞きつけ、フランクの家に訪れる。

合理的なイブリンは、自分や娘ダイアンのように、メアリーも数学の道へ進むべきだと提案する。

しかし、母親の傲慢さを知っているフランクがそれを拒否したため、親権を争う裁判にまで発展してしまう。

裁判は五分五分に進んでいったが、フランクの弁護士が妥協案を望んだため、メアリーはフランクやイブリンの元ではなく、条件付きで赤の他人の里親に預けられることに。

しかし、メアリーはフランクと離れることを拒み、里親に預けられた後も自分の殻に閉じこもってしまう。

また、里親に預けたにも関わらず、イブリンがメアリーを数学の世界に縛り付けようとしたため、フランクはある行動に出るのであった。

 

本当におすすめの作品なので、今回はラストの展開を省きます。

是非、劇場に足を運んで感動を体験してください。

 

【ネタバレ】「ギフテッド(Gifted)」の感想

感情移入せざるを得ない脚本

ギフテッド

予告の時点で涙腺が崩壊していたのですが、いざ見てみるとやっぱり涙腺が崩壊しました。

ユーモアと感動に溢れた、幸せな2時間でしたね。

まず、賞賛すべき点は脚本の素晴らしさでしょう。

自殺した姉ダイアンの子供メアリーを預かった主人公が、子育てと親権争いに奮闘していくといった内容。

前半は、メアリーとフランクのユーモア溢れる会話劇。

そして、後半はフランクの母イブリンとの親権を争った法廷劇が描かれいます。

メアリーは、数学の天才として名を馳せた母の血を色濃く継いでおり、少しませてはいるものの、いわゆる天才児で周囲の大人を驚かせていきます。

「祖母のイブリンはかつて娘ダイアンにしたように、環境の整った学校でメアリーを教育させたい」

「フランクは姉の意思を継ぎ、また姉のように数学に縛られた人生を送ってほしくないため、メアリーを普通の子供のように育てたい」

双方のこの考えが徐々に強まっていき、結果的には親権を争った裁判にまで発展してしまいます。

個人的には価値観の相違としか言えないので、どっちの意見にも納得できちゃうですよね。

ただ、やっぱり男としてはフランクに感情移入せざるを得ない。

メアリーのために、ボストン大学の准教授職を捨て田舎に引っ越し、自分のプライベートを捨ててまで不器用に子育てに励んでいくフランクを見ていると、ついつい目頭が熱くなってしまうんですよね。

最後の方はフランクに感情移入しすぎて、ぼくも本当の家族のように、メアリーの今後の動向を真剣に考えてしまいましたからね。

フィクションという枠を超えて、フランクに寄り添おうとした自分にびっくりしたし、そうさせたマーク・ウェブ監督の手腕に拍手を送ります。

しかも、細かい伏線がいたるところに散りばめられていて、そのすべてが回収されたラストは涙が止まりませんでした。

 

的確過ぎるキャスティング!

Gifted

キャスティングもまた素晴らしかったです。

前述したように、とにかく主人公を演じたクリス・エヴァンスがハマり役で、男手1つで子供を育てる父を見事に演じきっています。

「俺1人じゃ子育ては無理だから、何度も里親に出そうと思った。でも、メアリーと暮らしていると愛情しか湧いてこないから、結局俺が育てるしかないんだ」

こんな感じの事を自然にさらっと言っちゃうわけで、あんな哀しい眼で言われたら涙腺崩壊するし、そりゃあ、メアリーの美人担任も簡単に股を開くわなと。

しかも、クリス・エヴァンスと担任役のジェニー・スレイトは実生活でもそのまま付き合っちゃいましたからね。

担任役を演じたジョニー・スレイトも、哀愁味溢れるパパの背中にやられちゃったんだろうなぁ。

にしても「キャプテン・アメリカ」しかり、クリス・エヴァンスは本当に良い役ばかり貰ってますよね。

精悍で男前の役が似合うというのもありますが、彼の株は本作でグッと上がったと思います。

それと、もちろんメアリーを演じたマケナ・グレースも素晴らしかったのですが、個人的には祖母のイブリンを演じたリンジー・ダンカンの存在感も良かったです。

娘の才能を継いだメアリーを裁判まで起こして引き取ろうとする強者。

とくに、裁判のシーンではそれが顕著に出ていて、勝つために自分の思いをぶちまけるシーンはマジでビビりましたからね。

自分が怒られているようで、とにかく怖かったです。

しかし、本作の登場人物はフランクを始め、ほとんどが善人ばかりなので、彼女がいなかったら冷めていたと思います。

良いアクセントになっていました。

 

画作りも素晴らしかった!

引用:映画.com

素晴らしいしか言ってなくて申し訳ないのですが、フロリダの美しいローケーションや感動を引き寄せるカメラワークも素晴らしかったです。

やっぱり、マーク・ウェブ監督の作品は映像がオシャレで美しい。

「セブン」のデヴィッド・フィンチャーもそうですが、ミュージック・ビデオ出身の監督って、本当に1カット1シーンを大切にしてくるのが伝わってくるんですよね。

フロリダの夕日をバックに、ビーチで戯れるフランクとメアリーのシーンは芸術作品に近い感動を味わったし、あえて逆光を生かして、親子愛を感じさせるカメラワークにも感動しました。

ミュージック・ビデオやCMは映画よりも映像技術が求められる大変な仕事のようですが、その労力を丸々2時間の映画に費やすプロ意識に度肝を抜かれましたね。

 

マーク・ウェブ監督作品をまとめて見るならdTV

(500)日のサマー (吹替版)

「ギフテッドのような感動をもう一度味わいたい!」

「おしゃれな映像でキュンキュンする恋愛映画を見たい!」

「マーク・ウェブ監督のファン」

という方に朗報です。

現在、動画配信サービス「dTV」では、マーク・ウェブ監督作品すべてを配信中!

  • (500日)のサマー(有料)
  • アメイジング・スパイダーマン(無料)
  • アメイジング・スパイダーマン2(無料)

dTVはドコモユーザー以外も、12万本以上の映画やドラマが31日間無料見放題!

また、今ならBeeTV(マンガ)も無料で見放題になります。

動画配信サービスは、在庫切れや延滞料金、返品もないので非常に楽。

また、一部の作品にはダウンロード機能があるので速度制限を気にせず、電車やカフェで映画やドラマを楽しむことができます。

 

登録前の注意点 

①登録は、1,アカウント作成、2,支払い方法の選択、3,メールでの承認だけ。約3分程度で終わります。

 

②登録のために決済入力(クレジットカードなど)が必要ですが、無料お試し期間中にお金が引き落とされることは一切無いのでご安心を。 

 

-映画感想 ドラマ作品