マイペースナイト

映画(洋画)ネタ中心のエンタメブログ!!

新作映画 映画感想 ファンタジー作品

【完全ネタバレ】「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」キャラ紹介、作品解説

                          

 

みなさんこんにちは。下町バットマンです。

ここでは、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のネタバレを紹介していきます。

登場人物達の謎から物語の全貌、そしてラストのサプライズまで。

本作を見る前から気になってしょうがない方はどうぞ。

 

あわせて読みたい

 

 

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」キャラクター、用語解説

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」キャラクター紹介 【完全ネタバレ】

ファンタスティック・ビースト ネタバレ画像引用:http://eiga.com/movie/82276/gallery/11/

 

まずはじめに、本作の主要キャラクター達から紹介していきたいと思います。(※ネタバレ全開です)

 

【ニュート・スキャマンダー/演エディ・レッドメイン】

本作の主人公。イギリス出身の魔法使い。魔法動物の研究家。

人と接すよりも魔法動物と戯れることを好む、心優しい少年。

ホグワーツ在学中にとある事件を起こして強制退学。その時彼のことを唯一庇ったのがあのダンブルドア。

どうやら兄は英雄で、名家出身のようだが....。

 

【ポーペンチナ・ゴールドスタイン/演キャサリン・ウォーターストン】

本作のヒロイン(通称ティナ)。アメリカ合衆国魔法議会(通称マクーザ)で働く女性。

少し前まで闇払いの捜査官だったが、一人の少年を助けたことで左遷。

アメリカで違法の魔法動物を放してしまったニュートを捕まえ連行するが、それによって悲惨な事件に巻き込まれていく。

両親は彼女が幼いころに死亡。

 

【クイニー・ゴールドスタイン/演アリソン・スドル】

ティナの妹。姉のティナとは見た目も中身も正反対。

レジリメンス(人の心が読める)の能力者で、ジェイコブに好意を寄せる。

個人的に本作のヒロインの中で一番好み。是非結婚してほしい。

 

【ジェイコブ・コワルスキー/演ダン・フォグラー】

ノーマジ(人間)。人間が主要キャストに入るのは、旧作含めてカレが初めて。

元軍人で缶詰工場で働いていたが、嫌気がさしパン屋を開業することに。

銀行から融資を断られて帰ろうとした際にニュートと出会う。

クイ二ーとは相思相愛。

 

【グレイブス/演コリン・ファレル】

マク―ザ(アメリカ合衆国魔法議会)の闇払い専門の捜査官。

裏で魔法族が恐れる闇の魔法生物オブスキュラスを探しまわっており、ノーマジのクリーデンスに接触する。

※ネタバレ

かれの正体はこのシリーズの最大の敵であるでグリンデルバルド。

最恐最悪の魔法使いで、ヴォルデモートの先輩。

ハリポタファンは知っての通り、彼は後にダンブルドアに敗れて衰退していく。

ジョニー・デップが演じており、本作のラストに登場。

監督いわく、続編はダークな要素全開でいくそうなのでもしかしたらダンブルドアとの対決がみれるかもしれない。

 

【クリーデンス/エズラ・ミラー】

魔法使いを排除すべく活動する「新セーレム救世軍」のリーダーメアリーの養子。

内気で口数が少ない少年で、メアリーから激しい虐待を受けている。

グレイブスと繋がっており、オブスキュラスの力をもつ子どもを探すよう命じられる。

ノーマジだが、魔法使い志望者。

※ネタバレ

本作の悪役であり、実はオブスキュラスの所持者。

魔法使いの両親の元にうまれたのだが、一切魔法が使えない人間だっだ。

しかし、グレイブスの裏切りでオブスキュラスの力が覚醒。

その力はグレイブスに化けていた、グリンデルバルドを魅了するものでNYの街を半壊させていく。

しかし、最後はマクーザの闇払い達の集中攻撃で殺されてしまう。

エズラ・ミラーの名前をみた瞬間に、悪役だと察した映画好きは少なくないはず。

 

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」用語解説

次に、本作にでてくる用語を解説していきます。

 

【ノーマジ】

人間のこと

ハリー・ポッターシリーズでいうところのマグル。

基本的に彼らは魔法使いの存在に気付いていないが、メアリーのように勘付いているものもいる。

 

【新セーレム救世軍】

「魔女によって人間の世界が滅ばされる」と訴えかけ、魔法族を排除しようする団体。

リーダーはノーマジのメアリー。

しかし、世間からは変人たちと冷たい目でみられている。

 

【アメリカ合衆国魔法議会(通称マクーザ)】

アメリカの魔法族を取りしまる秘密組織。

警察の役割をもつ闇払いの魔法使い達が在籍しており、魔法で悪事を犯した罪人を裁いていく。

ハリー・ポッターシリーズで言うところの英国魔法省。

ノーマジに存在をしられ、対立することを恐れている。

 

【魔法動物】

主人公のニュートがこよなく愛する魔法世界の動物たち。

ハリー・ポッターシリーズにも度々出ていたが、本作では彼らとの交流がメインに描かれている。

基本的に普通の動物と一緒で、愛情をもって接すれば危害を加えてくることはない。

 

【忘却術/オブリビエイト】

対象の記憶を消去、修正する魔法。

本作では主に、魔法をみてしまったノーマジに使われる。

ただし、ジェイコブだけは運よく終盤までこの魔法にかけられなかった。

 

【オブスキュラス】

闇の力として恐れられる魔法生物。

その正体は、魔法使いが自分の力を制御しようしたさいにうまれる闇。

本来、オブスキュラスを生み出した者は10歳前後で命をおとすのだが、クリーデンスだけは力が膨大すぎて10歳をすぎても死ぬことはなかった。

グリンデルバルドが執拗に追い求めていることから、強大な力をもつことが予想できる。

 

【スカウラー】

魔法族のならず者集団。非常に残忍で、目的のためなら手段を選ばない。

今後、続編で登場してくる模様。

 

 

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」作品解説 【完全ネタバレ】

物語の全貌

ファンタスティック・ビースト ネタバレ画像引用:http://www.cinemawith-alc.com/2016/11/fantasticbeasts.html

 

ここでは、個条書きでサラッと物語の全貌を紹介していきます。

 

闇の魔法使いグリンデルバルドがヨーロッパで暴走。世界中の魔法族達は毎日かれの脅威に怯えながらすごしていた。

そのころ、魔法動物学者のニュートは休暇をつかってニューヨークに訪れる。しかし、NYの街では魔法使いを嫌う「新セーレム救世軍」が排除活動を行っていた。

ひょんなことから魔法動物が脱走。捕まえようとした際にノーマジのジェイコブに魔法をつかってしまう。

 

それを見ていたマクーザ(アメリカ合衆国魔法議会)のティナに、違反者として魔法議会の本部に連行されることになったニュート。

しかも、ジェイコブと接触しさいに、彼とニュートのトランクが入れ替わってしまう。

ニュートを連行したティナは議長に彼を差し出すが、問題ばかりおこすティナは相手にされず。

そのころ、ジェイコブは自宅で自分のトランクだと思い、魔法動物がたくさんはいったトランクを開けてしまい、人間界に脱走してしまう魔法動物達。

ティナはこのことが世間に露呈することを恐れ、ニュートとジェイコブを自宅にかくまう。そこでティナの妹のクイニーと遭遇。

しかし、魔法動物達が心配になったニュートはジェイコブと抜け出し、魔法動物達を捕獲しにいく。

いっぽう、マクーザの闇払いグレイブスは、「新セーレム救世軍」のリーダー、メアリーの息子クリーデンスと密会し、闇の魔法生物オブスキュラスを探していた。

そうこうしているうちに、ノーマジの上院議員が何者かの魔法の力によって殺される。

この事件はニュートが逃がした魔法動物達のせいと断定したマクーザとグレイブスは、ニュートとティナに死刑を命じる。

ティナの死刑が執行される寸前、魔法動物やクイニー達の助けで逃げ出すことに成功。彼らは残りの魔法動物達の捕獲に乗り出す。

一方。毎日のようにメアリーから虐待をうけていたクリーデンスだが、ついに感情のタカが外れて彼のなかに眠っていた闇の魔法生物オブスキュラスが暴走。NYの街を破壊していく。

逃げ出した魔法動物を全部捕まえたニュート達だったが、クリーデンスの暴走を察知。そのまま彼の暴走のとめにはいる。

ニュートとティナは地下鉄でクリーデンスをなだめようとするが、その邪魔をするグレイブス。

そうしているうちに、マクーザの闇払いの精鋭たちが到着。結局、暴走をやめようとしないクリーデンスは闇払い達の一斉攻撃で殺されてしまう。

リンチのようにクリーデンスを殺したマクーザにグレイブスは怒りを示し、マクーザに攻撃をしかける。

しかし、ニュートがスキをついて彼を拘束し魔法をかける。

すると、グレイブスの姿が徐々に変貌し、魔法界最大の敵であるグリンデルバルドが姿を現す。

グリンデルバルドを捕まえ、同時に魔法動物と薬品をつかって事の一連の騒動を目撃したノーマジの記憶を消したニュートは、無罪放免に。

クイニ―、ジェイコブ、そしてティナに別れをつげ、ニュートは魔法動物達の本を執筆するため旅だっていった。

 

結構はしょって書いたので、細かい部分にはふれていません。

ぼくは満員の渋谷の映画館で鑑賞したのですが、ラストのお別れのシーンで泣いている人がたくさんいました。

ここまでネタバレしておいてなんですが、なんやかんや気になる方は映画館で鑑賞することをおすすめします。

とくに、旧作ハリー・ポッターシリーズが好きだった方は楽しめるはずです。

 

続編の展開

なんでも、ファンタスティック・ビーストシリーズは5作目まで制作がきまっているようで、しかも続編はよりダークな世界観になるんだとか。

たしかに、本作を見終わって、いくつか気になる点がありました。

  • 主人公のニュートの家族やリタ・レストレンジとの関係
  • ジェイコブは記憶を失っていなかったのか
  • グリンデルバルドの今後の行方
  • ダンブルドアは名前だけではなく、姿も現すのか。
  • 最後、小さなオブスキュラスとなって逃げていったクリーデンスはどうなったのか

これらに関しては続編の公開をまつしかないですからね。

楽しみにまっています。

 

鑑賞前に「ハリー・ポッターシリーズ」をおさらい

ハリー・ポッター 8-Film DVDセット (8枚組)

ハリポタファン、そしてファンタスティック・ビースト鑑賞前にハリー・ポッターシリーズをおさらいしたい人に朗報。

いまなら、U-NEXTで「ハリー・ポッターシリーズ」すべてを鑑賞することができます。

賢者の石から死の秘宝まで。あの幼いころのワクワク感を自宅で体感することができるんです。

しかも、30日間の無料お試し期間があるので、飽きたらすぐに解約することも可能。

もちろん、期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

続けるかたは約12万本もの動画を視聴することができます。

しかも動画をダウンロードすれば、電車の中など、フリーwi-fiが繋がらない場所でも速度制限を気にせず、オフラインで視聴することができます。

 

-新作映画, 映画感想 ファンタジー作品