イメージ画像

アメコミ

【DCコミック】2017〜2020年までに公開されるヒーロー映画をまとめてみた

2017/01/27

                          

 

みなさんこんにちは。下町バットマンです。

僕はアベンジャーズ(アイアンマンとデッドプールは除く)が嫌い。

これはもちろん、鑑賞した上での発言です。
 
理由はいろいろありますが、
 
「それぞれのキャラの説明がほとんどない」
 
「アメコミ映画特有のCG頼りな演出」
 
この二つが特に嫌いな理由ですかね。
 
アメリカ人からしたら当たり前のことでも、普通の日本人はホーク・アイなんてしりませんよ。
 
 
そもそも、ぼくがアメコミの世界に興味をもつきっかけとなったのはダークナイトなので、元々DCコミック派なんです。
 
「マン・オブ・スティール」も好きだし。
 
 
というわけで前置きが長くなりましたが、ここではこれから公開されるDCコミックヒーロー映画を紹介していきます。
 
単体のヒーロー映画はもちろん、気になる「ジャスティス・リーグ」の情報もまとめてみたので、DCコミックヒーロー好きは必見ですぞ。
 
 
 

DCコミックヒーローとは?

ジャスティス・リーグ:ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃(THE NEW 52!) (ジャスティス・リーグ(THE NEW 52!))

DCコミックヒーローとは、アメリカの大手漫画出版社DCコミックから発行された架空のヒーローのことです。

DCコミックヒーローの一部はチームを組んでおり、その名を「ジャスティス・リーグ」といいます。
 
バットマン、スーパーマンが有名。
 
Justice League Heroes (輸入版)
(ちなみに、ゲーム化もされています。)
 
対するように、アメリカにはもう一つ、マーベル・コミックと呼ばれる有名な大手漫画出版社があり、マーベルのヒーローチームの名前を「アベンジャーズ」といいます。(アイアンマン、キャプテンアメリカといったヒーローが有名)
 
この二つのリーグがアメリカを代表するヒーローチームになります。
 
しかし、「ジャスティス・リーグ」と「アベンジャーズ」は違う世界観という設定なので、交わることはほぼありえません。
 
また、日本ではアベンジャーズの方が有名ですが、歴史を紐解けばジャスティス・リーグの方が歴史が古いのです。
 
日本でいうと、集英社が発行するジャンプの中から、孫悟空やナルト、ルフィなどの有名なキャラを集めてチームを作るようなものですかね。(ジャンプ・アルティメット・スーパースターズ的な)
 
 
話をDCコミックスに戻しますが、DCコミックは2015年からプロジェクトDCコミックスという大型プロジェクトを始動。
 
ドラマや映画など、アベンジャーズに負けじとDCコミック関連の様々な作品を作っていくことを宣言しました。

 

 

今まで映画化されてきたDCコミックヒーロー

映画

  • スーパーマン
  • バットマン
  • グリーンランタン
  • スーサイド・スクワッド
  • キャット・ウーマン
  • ウォッチメン
  • コンスタンティン
  • Vフォー・ヴァンデッタ
  • ジョナ・ヘックス
  • ルーザーズ
  • ヒストリー・オブバイオレンス
  • ザ・スピリット
  • リーグオブ・レジェンド/時空を超えて戦い
  • ロード・トゥー・パーディション
  • RED

DCコミックも、単体作品だとこんなに映像化されています。

てか、コンスタンティンとREDてアメコミ出身だったんですね。

はじめて知りました。

 

ドラマ

  • ARROW/アロー
  • ゴッサム
  • フラッシュ
  • スーパーガール
  • レジェンド・オブ・トゥモロー

アローの設定がダークナイトに似てるなと思ったのは、DCコミック出身だったからですね。納得。

どれも話題作ばかりなので、ドラマの方でもこれからどんどんアベンジャーズを抜いていくことでしょう。

 

 

「ジャスティス・リーグシリーズ 」が2017、19年に始動!!

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

DCコミックのヒーローたちは、前述したように「アベンジャーズ」に負けず劣らず、単体ではたくさん映像化されてきました。

しかし、「アベンジャーズ」のようにヒーローが集結した作品がつくられたことはなく、興行的にも成功した「アベンジャーズ」ばかりが有名になっていきます。
 
これはマズイ!と考えたDCコミックは、遂に「ジャスティス・リーグ」を映像化することを発表。
 
直近でいうと、「スーパマンVSバットマン」が一番記憶に新しいかと思います。
 
このように正式にDCコミックのヒーローが共演をしたのは初めてのことで、おおくのDCコミックファンが歓喜の声をあげました。
 
そして、2017年と2019年に「ジャスティス・リーグ」が公開されることが決定したのです!!
 
 
まず、2017年に「ジャスティス・リーグ パート1が公開
 
バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、アクアマンのヒーローたちが集結した作品が実写化で映像化されます。
あらすじ
スーパーマンの無心の行動によって人間性を取り戻したブルース・ウェインは、今後現れるだろう更なる強敵に備え、新しく仲間となったダイアナ・プリンスに助力を求める。バットマンとワンダーウーマンのふたりは、新たなる脅威に立ち向かうため「メタヒューマンズ」の発見とリクルートに急ぐ。こうしてバットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、そしてザ・フラッシュらによる比類なきヒーロー集団が結成されるも、彼らでも守れないほどの破滅的な規模の脅威はすでに地球へと迫っていた
http://beagle-voyage.com/movie-justice-league-movie-synopsis-2016.html
  • 公開日 2017年11月17日(全米公開日)
  • 監督 ザックスナイダー
  • キャスト ヘンリー・ガヴィル、ベン・アフレック、ガル・ガドット、エズラ・ミラー、エイミー、アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ

えげつないほど豪華なキャストがそろいました。

これでやっと悪しきアベンジャーズと同じラインに立ったのではないでしょうか。

 

また、2019年にはパート2が公開されることも決定しています。

詳しい詳細はまだわかりませんが、何かしでかしてくれそうな雰囲気が漂っています。

 

 

 

2017年~2020年までに映像化されるDCコミックヒーロー

ワンダーウーマン

アメコミリーフ『ワンダーウーマン リバース』(2016)限定カバーバージョン

ワンダーウーマンの能力

特殊能力は、高い耐久力と怪力、亜光速での飛行能力、動物とテレパシーで意思の疎通ができる、など。伝統的な武術を知り抜いており、剣、斧、弓術を会得している。卓越した戦術家であり、外交官でもある。魔法の投げ縄を所有しており、輪に捕らえた者に真実を告白させる事ができる。両手首に装備した銀の腕輪は、弾丸などの投擲武器等を弾く能力がある。以前は飛行能力は持たない設定であり、透明飛行機を所有している。

  • 公開年 2017年7月(日本公開日)
  • 監督 パティ・ジェンキンス
  • キャスト ガルガ・ドット、クリス・パイン。コニー・ニールセン、ロビン・ライト

ワンダー・ウーマンは、アマゾン族の王女でゼウスの娘。

今年公開された「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」でも出てきましたね。

 

舞台は第一次世界中の1910年代。

ワンダーウーマン=ダイアナ・プリンスは人間社会から孤立して生活するアマゾン族のプリンセス。

しかし、ひょんなきっかけで人間の男性と出会い、そこから人間の戦争に巻き込まれていくというのが映画のストーリーとなっています。

ダイアナのサポート役は、「スター・トレック」で有名になったクリス・パイン。

ちなみに、主演のガル・ガドットは「ワイルド・スピードシリーズ」にも出演しています。

2016ワンダーウーマンガル・ガドットバットマンVスーパーマンシルクのポスター壁の装飾24x36インチ [並行輸入品]

モデル出身というだけあって、美しいですね......。

普通にどストライクです。

 

ザ・フラッシュ

アメコミリーフ『ザ・フラッシュ (The Flash)』#0

フラッシュの能力

大学生の時、原子の振動実験中の液体「ハード・ウォーター」を浴びたことが原因で、超高速の能力を手に入れる。彼は幼い頃に憧れていたパルプ小説のヒーロー「ウィンドランナー」に自らをなぞらえ、クライムファイター(犯罪者退治専門のヒーロー)としての活動を始めた。亜光速で走ることが出来、老化が遅い。

  • 公開年 2018年 3月23日(全米公開日)※ただし、延期のウワサも。
  • 監督 降板のため未定
  • キャスト エズラ・ミラー、カーシー・クレモンズ

フラッシュは「地上最速の男」の異名をもつ、俊足ヒーロー。

日本ではあまり有名なヒーローではありませんが、最近ドラマ化されたことによって注目を浴びるようになりました。

THE FLASH / フラッシュ <ファースト・シーズン> コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

(こちらはドラマ版)

主演を務めるのは「ファンタスティック・ビースト」でクリーデンスを演じたエズラ・ミラー。

「少年は残酷な弓を射る」ではお母さんをいじめる美少年を演じていました。

少年は残酷な弓を射る [DVD]

(ジョジョっぽい)

予告編はまだ公開されていませんが、同じDCコミックヒーローのサイボーグ(後述)との友情を描いた内容になるそうです。

また、監督が交代などのアクシデントが相次いでいるそうなので、もしかしたら公開日はもっとあとになるかも。

 

アクアマン

アクアマン:アトランティスの王(THE NEW 52!)

アクアマンの能力

特殊能力は、水陸両棲・テレパシーの他に、時速160キロで泳げ、怪力と耐久力に秀でていることが挙げられる。また、音波による探査能力も有している。性格は短気

  • 公開日 2018年7月28日(前米公開日)
  • 監督 ジェームズ・ワン(予定)
  • キャスト ジェイソン・モモ、アンバー・ハード

アクアマンとはアトランティスを統治する海の王様。

イルカやセイウチなどの水中生物とテレパシーで会話することができ、水中でも陸でも戦うことができるため、DCヒーローの中でもスペックはかなり高めです。

主演を演じるのは、海外ドラマの「ゲーム・オブ・スローンズ」で一躍有名になったジェイソン・モモア

めちゃくちゃいかついというか、もはやゴリラ。

「アクアマン」単体の予告編もまだでていませんが、アクアマンの妻メラを「リリーのすべて」のアンバー・ハードが演じると発表されました。

ブロマイド写真★アンバー・ハード/ドアにもたれる/【ノーブランド品】

しかし、こちらも脚本を書きなおしたという情報が入っているので、公開日が変更するかもしれません。

 

シャザム

シャザム! :魔法の守護者(THE NEW 52! ) (DC)

シャザムの能力

魔術師シャザムにより、善の戦士に選ばれた若者ビリーは、「シャザム」という呪文を唱えると魔法の稲妻に打たれ、6人分のスーパーパワーを持った大人のスーパーヒーローに変身する。彼の能力は、彼ら6人の神々に由来する

  • 公開日 2019年 4月5日(全米公開日)
  • 監督 未定
  • キャスト ドウェイン・ジョンソン

とある魔法使いから、7つの神の力をあたえられた少年が主人公の作品。

「シャザム!」と叫ぶとヒーローに変身する能力をもち、その力はスーパーマンと肩を並べるほど。

今のところ、監督は決まっておらずキャストもザ・ロックことドウェイン・ジョンソンしか決まっていません。

オーバードライヴ(字幕版)

彼がどの役をやるのかわかりませんが、ウワサだとブラック・アダム役で出演するのではないかと言われています。

 

サイボーグ

サイボーグの能力

全身の殆どが機械になっているサイボーグはその外見に相応しい強力な武装が内蔵されています。加えてネットワークにアクセスし、セキュリティ管理能力にも長けているのことからチームの縁の下の力持ちでもあります。ブームチューブという最強の魔王、ダークサイドの居るアポカリプスへの門も開くことが可能です。

  • 公開日 2020年 4月3日
  • 監督 未定
  • キャスト レイ・フィッシャー

日本での知名度はゼロですが、ジャスティス・リーグの創設者メンバーの一人。

事故で母親を失い、自らの体を改造人間に施された主人公が機械人間サイボーグとして悪と戦うお話。

なんだか、悲しくなってくる設定のヒーローですが、「ジャスティス・リーグ パート1」にも出演します。

ちなみに、前述したとおり2018年公開予定の「ザ・フラッシュ」の出演もウワサされています。

主演を務めるレイ・フィッシャーはほぼ無名の俳優さんだそうです。

今後の活躍に期待ですな。

 

グリーンランタン

グリーン・ランタン エメラルド・ナイト(字幕版)

グリーンランタンの能力

パワーリングを通して魔力の結晶スターハートにアクセスし、その魔力を使うことが出来る。魔力はパワーリングから放射される緑色の光として発現し、使用者の意志力を具現化させる。ビーム状に投射したり、ソリッドライト(固形の光)として使用者が念じたとおりの物体を組み上げることもできる。

  • 公開日 2020年6月19日
  • 監督 未定
  • キャスト 未定

スーパーサイヤ人と似たような能力をもった銀河警察が主人公の作品。

実はこの作品、2011年に「デッド・プール」のライアン・レイノルズ主演で実写化されています。

グリーン・ランタン (字幕版)(記憶に新しい方も多いのでは)

ただ、あまり評判がよくなかったため、2020年にリブート版として公開されるそうです。

監督やキャストは全くの未定なので、情報をまちましょう。

 

まとめ

気付いたら中々のボリュームになってしまいました。

ただ、ダークナイト好き×アベンジャーズ嫌いのぼくからしたら、「ジャスティス・リーグ」には頑張ってもらわないと。

そのうち、ジャスティス・リーグVSアベンジャーズなんてやってくれたら最高なんですけどね。

 

-アメコミ