映画感想 ファンタジー作品

【ネタバレ感想】映画「ダークタワー」悪くない!中二病心をくすぐるダークファンタジー

▼当サイトから登録の多い動画配信サービスランキング

 

【1位】新作映画数がNo.1!U-NEXT!
《31日間無料!&8万本の動画が無料見放題!》

【2位】ジャンルの豊富さNo.1!Hulu!
《14日間無料!&5万本の動画が無料見放題!》


【3位】学生は月額158円!Amazonプライム・ビデオ!

《30日間無料!&3万本の動画が無料見放題!》

 

みなさんこんにちは。シタマチです。(下町バットマンから改名)

昨年大ヒットした「IT」や「スタンド・バイ・ミー」などで知られる、スティーヴン・キング原作のダークファンタジー作品「ダークタワー」。

ファンタジーやヒーローものが大好きで、中二病心を捨てきれていない純粋な方なら楽しむことができるかと。

世間の評価は低いですが、世界観、アクションシーン、悪役といった要素が魅力的で、ぼくはそこそこ白熱できました。

とくに悪役ウォルターのカリスマ性と中二病心をくすぐるチート級の能力が最高でしたね。

まとめると、「ハリー・ポッター」のファンタジー感、「マッドマックス」の荒廃感、「マトリックス」のディストピア感をブレンドしたような作品になっています。

ここでは、

  • 作品の概要
  • 登場人物紹介
  • ラストの展開
  • ネタバレ感想

を紹介していきます。

 

ここからネタバレ全開になります。自己責任でお読みください。

 

 

映画「ダークタワー」の作品概要

あらすじ

ニューヨークで暮らす少年ジェイクは不思議な夢に導かれ、時空を超越する荒廃した異世界に迷い込んでしまう。現実世界と密接するその世界では、世界の支柱である「タワー」を巡り、タワーを守る拳銃使いの戦士=ガンスリンガーのローランドと世界の崩壊をもくろむ黒衣の男ウォルターが壮絶な戦いを繰り広げていた。

引用:映画.com 

 

キャスト・スタッフ紹介

  • 制作国 アメリカ合衆国
  • 公開年 2018年
  • 上映時間 95分
  • 配給 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
  • 監督 ニコライ・アーセル
  • 原作 スティーヴン・キング
  • キャスト イドリス・エルバ/マシュー・マコノヒー/トム・テイラー

監督はスウェーデン版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本を担当した、ニコライ・アーセル。

原作は「ショーシャンクの空に」や「スタンド・バイ・ミー」で知られるスティーヴン・キング。

主演を務めるのは、「パシフィック・リム」や「マイティー・ソー」シリーズで知られるイドリス・エルバ。

また、「インターステラー」や「ダラス・バイヤーズクラブ」で有名なマシュー・マコノヒーも出演しています。

 

 

採点

評価基準

  • S・・・・・これぞ後世に語り継がれていく名作!!DVDも買う!
  • A・・・・・素晴らしかったです。DVDでたら借ります。
  • B・・・・・まあ、普通。
  • C・・・・・微妙。人にはオススメしない
  • F・・・・・ふざけんな!金返せ!!!

採点 B

 
 

映画「ダークタワー」の主要登場人物

ジェイク/トム・テイラー

消防士の父を火災事故で亡くし、内気になってしまった少年。

ダークタワーやガンスリンガーの夢を見るようになり、大好きな母親も含め、周囲からは精神がおかしくなったと思われていた。

ひょんなきっかけでダークタワーやガンスリンガーが存在する中間世界にワープし、そこでガンスリンガーのローランドと出会う。

旅を続けていくうちにローランドと友情を築いていく。

ダークタワーを崩壊させる強力な能力「輝き」の持ち主で、また人の過去を詠み解くことができる。

最後はウォルターに母親を殺され、自身も捕まってしまうが、ローランドと協力してウォルターを倒すことに成功。

ローランドと共に中間世界へ帰っていった。

 

ローランド・デスチェイン/イドリス・エルバ

世界の秩序を保つダークタワーの守護戦士であるが、現在は一族や家族を殺したウォルターを倒すために放浪を続けている。

その正体はアーサー王の末裔で、ギリアド一族きっての凄腕ガンスリンガー。

彼の武器でもある2丁拳銃は、アーサー王の武器エクスカリバーから製造された。

最初はウォルターを呼び寄せるために、強力な「輝き」をもったジェイクを利用しようとしていたが、徐々に友情が芽生えていく。

最後は仇のウォルターを倒すことに成功し、ジェイクを連れて中間世界に帰っていった。

 

ウォルター/マシュー・マコノヒー

ダークタワーを壊し、世界の秩序を崩壊させようと目論む謎の魔術師。

人の心を操る能力を持ち、他にも物を浮かせたり、掌から炎を放出させることができる。

性格は極めて冷酷だが、お調子者な部分もある。

ローランドの一族を殺した張本人で、唯一自分のマインドコントロールが効かないローランドを疎ましく思っている。

ダークタワーを崩壊させる力「輝き」を持つジェイクをさらうが、最後はローランドに頭部を撃たれ死亡する。

原作では、彼のボスである深紅の王が登場する。

 

映画「ダークタワー」のラストの展開

父を亡くし、失意の底にいた少年ジェイクは、謎のタワーとそれを破壊しようと企む黒服の男、そしてタワーを守るために黒服の男と戦うガンスリンガーと呼ばれる守護戦士の夢を見る。

絵が得意だったジェイクは、夢で見た出来事を絵を使って母や友人に説明するが信じてもらえず、カウンセラーの元へ強制的に送られてしまいそうになる。

しかし、そのカウンセラーがウォルターの手下とわかったジェイクは、逃げ出して夢の中でみた謎の洋館に向かう。

そこは夢でみた世界(以下中間世界)へと向かうことができる、ポータルというゲートがある場所で、ジェイクはポータルに飲み込まれてしまう。

中間世界に着いたジェイクは、そこで夢でみた守護戦士ガンスリンガーのローランドと出会う。

最初は相手にされなかったジェイクだが、夢の中でみた黒服男のことを話し、協力するということで何とかローランドに仲間として認めてもらう。

ローランドによると、黒服男の正体はウォルターという魔術師で、世界の秩序を守るダークタワーを子供だけがもつ「輝き」というパワーを使って破壊し、宇宙の外にいる未知の危険生物を呼び出し、世界を滅ぼそうしているのだという。

また、ウォルターは、ダークタワーを守るガンスリンガーの一族を滅ぼし、ローランドの父もウォルターの手によって殺されたと告白する。

ローランドとジェイクはウォルターの基地へ向けて旅を続けていくが、途中、ウォルターの刺客によりローランドが負傷。

近くの村で手当てをしてもらうが、そこでジェイクは人の心を詠むことができるアラという女性に出会い、彼女からタワーを崩壊させる強力な「輝き」持つ少年であると告げられる。

また、ウォルターの基地は到底歩いていける距離ではないと知る。

そこでローランドとジェイクは村にあるポータルを使って一度ニューヨークに戻り、ウォルターの手下が管理しているニューヨークのポータルを使って、ウォルターの基地へ向かうことに。

しかし、それを知ったウォルターが手下を送って村を襲撃。ローランドとジェイクは間一髪のところでニューヨークへジャンプする。

ニューヨークについたローランドたちは、ジェイクの夢の中の記憶やウォルターの手下の記憶を頼りに、ポータルがある場所を発見。

しかし、そこに向かう途中でジェイクが誘拐されてしまい、ローランドは彼を助けるために単身で乗り込んでいく。

自前の2丁拳銃で多くの敵を倒し、ポータルを使ってジェイクが捕らえられているウォルターの基地へ向かおうとするが、そこにウォルターが登場。

ローランドは一族の仇であるウォルターと対峙するが、圧倒的な力に追い詰められてしまう。

しかし、ローランドは一瞬のスキをついてウォルターの胸を撃ち抜き、最後は頭部を撃ち抜いてウォルターを倒すことに成功する。

こうして世界は救われ、ジェイクはローランドについていくことを決意し、中間世界へジャンプするのであった。

 

 

【ネタバレ】映画「ダークタワー」の感想

 

【全体の感想】 中二病なら楽しめるよ

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン5 ダークタワー 光沢プリント

多感な時期な中学二年生、もしくは中二病心を捨てきれない大人は楽しめます。

世間で言われているような駄作感はなく、ぼくは普通に楽しむことができました。

ファンタジー、ガンアクション、西部劇といった色んな要素が含まれおり、予想以上に気軽に鑑賞することができます。

ただ、原作未読で鑑賞したので、もしかしたら重大な原作レイプがあり、それが低評価につながったのかもしれませんね。

タイトル通り、本作は中二病要素が満載で、

  • 世界を救う能力を持つ主人公
  • 荒廃したパラレルワールド
  • さすらいのガンマン
  • 謎の黒服男
  • 世界の秩序を守るダークタワー
  • 異次元からの侵略者

といったように、どこかで目にしたことがあるような中二病要素が満載。

とくに、ガンスリンガーとよばれるガンマンの戦闘シーンはかなり白熱でき、リボルバー式の2丁拳銃を手に、四方八方の敵をズバズバ殺していくガンスリンガーは純粋にカッコよかったですね。

リボルバーの装填も最高にイカしていて、弾を詰める回転部分を高速回転させてシュパシュパと弾を詰め込み、ガンマンの決闘のように一瞬で敵を倒していく演出も見ていて気持ちよかったですね。

しかも、その銃はアーサー王のエクスカリバーから作られたという、これまた中二病心をくすぐる設定つき。

あくまでダークファンタジーなのでさほどシリアスではなく、中学生から大学生くらいまでならノリノリで楽しめる作品でした。

 

ノリノリで悪役を演じるマシュー・マコノヒーに惚れた

映画ポスター ダークタワー DARK TOWER US版 hi3 [並行輸入品]

「インターステラー」では、娘を愛する良きパパを演じていたマシュー・マコノヒーですが、本作ではチート級の能力をもったカリスマ性溢れる悪役を演じています。

  • 幻術を使って相手を操る
  • ジェダイのフォースのように物を浮かせる
  • イフリートのように炎を出す

と、ずるいくらい様々な能力を発動してきます。

ガンスリンガーとの最終戦では、「スター・ウォーズ」と「ファイナル・ファンタジー」の戦闘シーンをブレンドしたような攻防を繰り広げていて、思わずほくそ笑んでしまいました。

登場する時も濃い霧の中から、口笛吹いて余裕しゃくしゃくと登場するという、高次元のカリスマ性を持つ悪役だげが許される演出で登場。

また、マシュー・マコノヒーがとてつもなく役柄にハマっていて、カリスマ性を持て余していたし、黒のロングコートが似合いすぎぃ。

ポスター/スチール写真 A4 パターン8 ダークタワー 光沢プリント

完全にガンスリンガーを演じたイドリス・エルバを食っていたし、もはや彼の映画といっても過言ではありませんね。

悪役好きのぼくとしては、興奮が止まらなかったです。

 

本作の原作者スティーヴン・キングの他作品とのリンクが!

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(吹替版)

本作の原作者スティーヴン・キングの他作品とのリンクをいくつか見つけることができました。

1番わかりやすいのは、ガンスリンガーが存在する中間世界に行ったときに荒廃した遊園地にいくのですが、そこには「ペニー・ワイズ」の文字が。

しかも、ボロボロの赤い風船みたいなものもあって、完全に昨年大ヒットした「IT  それが見えたら終わり」とリンクしているわけです。

どうやらスティーヴン・キングはこういった細かな「遊び」を様々な原作作品でしているそうです。

悪役のウォルターが「ペニー・ワイズ」も引くほど子供をさらっていたのは、「IT」とリンクしていたためかと、無駄な快感を得ることができました。

それと映画「シャイニング」に登場する、例のホテルも写真の中にチラッと出てきます。

シャイニング [WB COLLECTION] [Blu-ray]

それにしても、スティーヴン・キングって本作みたいなダークファンタジーも書けるんですね。

スティーヴン・キングというと、

  • グリーン・マイル
  • スタンド・バイ・ミー
  • アンダー・ザ・ドーム
  • IT

といったように、大人向けの「日常に潜むミステリー」を描くイメージがあったのですが、こんな中二病くさいファンタジー作品が書けたとは。

ぼくは世界観もプロットも普通に好きだし、ラストも主人公の少年がガンスリンガーになるため本格的な修行をはじめるといった終わり方だったので、続きがあることも予想できます。

そして、エンドロールの後に、悪役ウォルターの口笛が聞こえてきたということは……。

続編に期待です。

 

U-NEXT!8万本の動画が無料見放題&31日間無料!本作「ダークタワー」とキングの名作10作品を配信中!

U-NEXTの特徴】

 

「80.000本の映画、海外ドラマ、アニメが無料見放題

 

DVDレンタルの開始日と同じ、もしくは前に新作映画の配信がスタート

 

ダウンロード機能あり(速度制限にかからない)

 

スマホ、タブレット、PC、テレビで視聴できる

 

4,000の「アダルト動画が無料見放題

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すれば、本作「ダークタワー」を無料で楽しむことができます。

本来なら有料ですが、今なら入会時に600ポイントが贈呈されるので、無料で鑑賞することが可能!

また、本作の原作者スティーヴン・キングの名作16本も配信中のため、ミステリー映画好きにはたまらないサービスとなっています。

レンタルビデオ屋のように延滞料金や在庫を気にせず、電車やカフェなど好きな場所で映画を楽しめるサービスです。

登録は2分ほどで済みます。

無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

31日間無料!

U-NEXTの詳細はこちら

【U-NEXTとは!?】メリット・デメリット・評判

「登録の仕方がわからない!」

「U-NEXTをもっと詳しく知りたい!」

という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

おすすめ記事!】